ワン・モア・ジャンプ 9 (フラワーコミックス)

  • 53人登録
  • 3.46評価
    • (5)
    • (2)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 赤石路代
  • 小学館 (1996年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091350091

ワン・モア・ジャンプ 9 (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 当時とてもハマっていました。
    おもしろいスケート漫画だと思う!
    ラブの面はやたらやきもきしたけど;

  • 車の点検中に読んだ本。

  • 何度読み返しても途中でやめられない止まらない。
    帝ちゃんがとにかく可愛くてエキサイティングで!

    死んでしまう人が多いのはちょっと厳しいんだけど。
    でもって、なにもトーマまで病気にならなくてもって思わずにいられないけど。
    その他ツッコミどころも少なからずあるけど、
    何を差し引いても大好きな作品です。

  • 両親がペアのスケーター。双子の兄がジュニア優勝のスケート一家に生まれた七瀬帝。
    父が突然ロシアで事故死し、ペアを組んだ兄も事故死。
    二人の夢を継ぐようにオリンピックで金メダルを手にした帝の次の目標は、トーマとのペアでの金メダル。……というよーな話?

    長野オリンピック本番……。
    一応トーマと組んだんで華やか、かな?
    しかし、トーマと帝よりラリーと緋夏の方が気になるのはどーしたもんかと。
    ……そしてやっぱりこの得点は嘘くさいと思うの。いや、マンガなんだし、とは思うんですがね。

  • 全9巻。

全5件中 1 - 5件を表示

赤石路代の作品

ワン・モア・ジャンプ 9 (フラワーコミックス)はこんなマンガです

ワン・モア・ジャンプ 9 (フラワーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワン・モア・ジャンプ 9 (フラワーコミックス)のKindle版

ツイートする