さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 2343人登録
  • 3.96評価
    • (241)
    • (325)
    • (204)
    • (27)
    • (5)
  • 256レビュー
著者 : 穂積
  • 小学館 (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091352026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)の感想・レビュー・書評

  • ソルシエとは、魔法使いのことらしい。
    ゴッホの弟、画商のテオが主人公のおはなし。波乱万丈な人生を生きた気難しいゴッホをけなげに支えた優しい弟のイメージがあったので、
    この話に出てくる気弱そうな優男のゴッホと、美術の革新をねらうミステリアスなテオの描き方に少し驚いた。
    頭脳派な弟が、純粋に絵を愛する兄を美術の革新へとどう導くのか
    今後の展開が気になります。

  • ゴッホも弟のテオもイケメンすぎる!どうしても、狂気の画家・ゴッホ、その兄を支えた心優しい弟のテオという先入観が邪魔をして、すぐにストーリーに入り込めなかったけれど…。
    大胆な解釈には圧倒された。賛否両論あるだろうけど、19世紀の旧態依然としたパリの画壇をぶち壊そうとする画商・テオの革新的な行いが、ひとつひとつかっこいい。兄のフィンセントの才能に惚れこみ、彼の飛躍を望みながらも、その才能に猛烈に嫉妬する。「あんたと一緒にいたことは俺の人生の一番の幸福で一番の不幸だったと思う」という言葉が重い。
    2巻で完結だけど、できることならせめて3~4巻くらいまで引っ張って欲しかったな~。怜悧冷徹なテオがパリ画壇を引っ掻き回すところをもっと見たかった。若かりし頃のロートレックも出てくるけど、他にも同時代の画家を出してほしかったかも。
    フィクションの部分は多いけれど、ゴッホの絵をこれまでとは違う角度から見ることが出来そうだ。

  • ふんぎゃーーーーーーーーっ!!!!!!!
    おもしろーーーーーーい!
    かっこいい!!!!!!!

    穂積さんの作品は、ショート・ショートの技法である『新鮮なアイディア、完全なすじがき、意外な結末』が一話一話にぎゅっと濃縮されていると、個人的には感じます。
    本当に凄い!凄いよ!面白いよ!

  • 全2巻読みました。
    画家フィンセント・ファン・ゴッホの弟テオを主人公にした、兄弟の物語です。
    しかしながら、あまりに大胆なストーリーにびっくりよ。
    こんなの少女漫画カテゴリーに入れないでよ。

    ゴッホのイメージとまるで違う。
    いやいやむしろこっちのほうが魅力的で、テオドルスがやたらかっこいいではないか。

    この人「式の前日」もよかったけど、こんなの書くんだー。
    次も楽しみになりますな。

  • 2016/8/8 舞台DVDを見たので再読。
    2013/12/13 全2巻読了。
    画家ゴッホとテオ(両方ゴッホなので正確にはフィンセントとテオですが)の物語。いせひでこさんの本で初めてゴッホとテオの物語を知りましたが、これは史実をもとにした創作のようですね。絵がキレイ。好きな絵です。ニヒルなテオと、対照的に純粋でかわいらしいフィンセント、どちらも魅力的。結末は若干ムリヤリ感がなきにしもあらずですが、ふたりの兄弟愛が痛くて切ない、美しいお話でした。
    第2巻はこちら→http://booklog.jp/edit/1/409135579X#select_tab2

  • 大好きなゴッホ兄弟の話と書いてあったので手に取りました。前コミックスの「式の前日」もとてもよかったので、間違いないだろうと…。

    主人公は、画家・ヴィンセントではなく、弟のテオ。
    自画像の印象からはかけ離れたヴィンセントが出てきます、そして“兄を支えた優しい弟”の印象とかけ離れたものすごくトンガってるテオドルスが出てきます…が、「アリだな!」と思わされてしまいました!!

    筆まめだったゴッホの残した手紙から世に知られている史実があるけれど、その通りに進むのか、はたまた違う世界に行くのか。
    続きが楽しみです。

  • 表紙買い。序章という感じで次巻からに期待大だけど長くなりそうな気配。

  • 画力があるってすばらしい。
    それだけで読ませる勢いがある。

    兄弟って常にライバルで片割れのようなものだから
    互いに抱く喪失感のような嫉妬のような感情は
    ずっと埋まることはないだろう。

    自分の叶えたい夢に既に到達しようとしている兄を
    清濁の感情の渦に呑まれそうになりながら見守る弟。

    兄よりも手に入れたものは多いかもしれないけれど
    本当に欲しいものは手に入らない弟。

    姉妹にはない、兄弟独特の関係性。
    いつの世も、いちばん心強くて、いちばんやっかいな「家族」というくくり。

    感情がある限り、命ある限り、この波に体を浮かべて漂うしかない。

  • きっとこの作者は、面白い、引き込まれる漫画の描き方というものを知っているんだろうなと思った。人物がカッコいい作品は数多あれど、人間関係がカッコいい作品はとても珍しい。そんな珍しい素晴らしい作品の一つ。

  • 『式の前日』の穂積さんの連載物第1巻。

    舞台は19世紀パリ、題材は画家ゴッホの弟テオ。
    まだ芸術が一部のブルジョワのものとされていた時代、市民のための芸術を目指して活動する人間たちの姿が描かれる。

    『式の前日』は短編ばかりだったのでまだ実力がわからないなあ、と感じていたのですが改めてこうして続き物が出てみると、やはりこの方の漫画は非常に魅力的だなあと感じる。個人的にはこちらのほうが内容ストーリーともに好み。続きが気になる。

  • 全2巻読了。

    帯とかPOPのアピールっぷりは少し大袈裟すぎる気がするし、
    確かに絵は上手くなってるけどぎこちないところまだ多いし、
    表現の仕方わざとらしかったりするところもあるんだけど、

    …あるんだけど!

    この作家さんにも絶対ギフトがあると思う。

  • 電車で読むのはススメません!私は涙を堪えて読みました!

    作者初めての長編!さらに、この漫画がスゴい!(女性編)で1番獲得という事で読んでみました!

    言わずと知れた、ゴッホのが信頼していたという弟が主人公です
    ゴッホの歴史をしっているとより面白く、知らない人にも面白い!と思って周りの人間に勧めるのですが
    イマイチ受けがよくない。なぜだ???

  • ヒマワリなどで有名な“ゴッホ”のお話、秘譚風。
    同じ方の『式の前日』にヤラレタ一人として、手に取ってみました。

    芸術ということ、生きるということ、
    それらはすべて、何を糧にして往くのか。

    いつの時代であっても、既得権益を破境していくのは、
    どんな形であれ尋常ならざる個性、なのでしょうか。

    芸術とは、価値をわかり独占する力を持つ人のモノ、とは、
    『ギャラリーフェイク』での言葉でしたが、、なんとなくシンクロしました。

    “太陽のようなゴッホ”と“狂気のゴッホ”、
    その狭間に在ったもう一人の“ゴッホ”とは、さて。

    ふと『楽園のカンヴァス』を思い出してみたりも。

  • お、おもしろい!!ゴッホってこんな裏話があるの!?!?
    ってしょっぱなからぐいぐい入っていってしまいました。

  • ゴッホ兄弟のお話。
    「式の前日」はほっこりする短編集でしたが、今回は俄然攻めてきてますね。
    画家ゴッホの弟、画商のテオドルスもなんとも魅力的。
    それと共にこの先どんな展開になるのか、どんな物を描いてくれるのか。
    いろんな意味でわくわくゾクゾクします。

  • ゴッホ兄弟の物語。
    一巻は、主に画商の弟テオドルスの話。

    とても先が気になる。あのゴッホに画商の弟がいたなんて知らなかった。

  • 一部のレビューにBLって書かれていたので、買ったものの敬遠してしまっていたけれど 、私はそういう感じを受けなかったなぁ。
    しかしさすが穂積さん!
    絵が綺麗でそれだけで満足。
    時代背景のせいか、時々森薫さんの『エマ』を思い出すなぁ。

    史実は知らない。
    ゴッホが弟の支援を受けて画を描いていたこたをうっすら知っている程度だ。
    しかしだからこそこの作品を楽しめるのかもしれない。続きが楽しみだ。

  • ゴッホの弟:テオドルスが格好良くって、続きが気になるとともに、どういう人物だったのか知りたくなる。ゴッホ兄弟のこれからや、当時のパリの画壇のうねりも興味深い。この巻ではロートレックが登場。

  • 世間ではあまり知られていない「ゴッホの弟」-テオドルス・ファン・ゴッホを主人公に据えた作品。

    タイトルの「ソルシエ」は仏語で「魔法使い」の意。
    魔法使いのように次々と絵を売ることから「天才画商」と呼ばれる彼。

    しかし、喧嘩を売ってきた若き日のロートレックに向かって
    「いつの世も 体制は 内側から崩す方が 面白い」
    そう不敵に笑う彼の横顔からは、兄にも言えない本音が見え隠れする。

    兄 フィンセント・ファン・ゴッホとの絆、愛、そして彼に何があったのか、次巻がとても気になる良作。

  • 19世紀、パリ。
    ひとりの天才画商が画壇会を席巻していた。
    その男の名は、テオドルス・ファン・ゴッホ。
    彼には画家の兄が居た――。

    テオがいい男!
    見た目もですが、頭が切れるところもステキです。
    前作の短編集の時とはうってかわって、今回は伝記モノですが、じわじわとその世界観に引きずり込まれていきます。
    今回はまだ仲の良い兄弟に見えましたが、次巻予告を見るとこれから確執していくんでしょうか…。
    ゴッホ兄弟がこれからどうなっていくのか楽しみです。

  • 式の前日がよかったから買ってみようと思った。
    絵画のこととかよくわかんないけど、ゴッホとかこの時代について勉強してみたいって気にさせられた。テオと兄さんのキャラもいい。

  • 画商の弟と画家の兄。

    表紙(のセクシーさにやられて)買いでした(笑)
    小学生の時伝記漫画で読んだ以来のゴッホの話かと思ったら、主人公はゴッホの弟。
    兄弟好きな私は楽しかった!次早く出ないかなあ!!

  • 表紙とあらすじに惹かれて購入。

    正直な感想、

    当たりでした(`∇´)
    漫画で絵画を描くってかなりうまくないと難しいというか安っぽくなりそうなんですがまず絵がうまい。

    内容も展開が読めず続きがすごく気になる。
    ゴッホのイメージは暗くて堅物…だったのですが印象が変わりました。可愛い。兄弟の関係の変化がどうなっていくのか…注目ですね

  • 表紙に惹かれ、手にとったら「式の前日」の作者と知り衝動買い。
    この人ならハズレないという期待にやはり応えてくれた。
    テオはその行動によって人々を笑顔にする。ゴッホはその絵で、人々を涙させる。一見、良いコンビだがテオが兄に抱く思いは複雑そうだ。
    今後の展開も見逃せない。

  • このマンガで初めてゴッホの弟の存在を知りました。兄のイメージが世に広く知られているものとは少し違っていて、これからどんな風にこの兄弟が描かれるのか、とても気になります。

全256件中 1 - 25件を表示

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)に関連する談話室の質問

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)の作品紹介

画家と画商…ふたりの“ゴッホ”の伝記浪漫

19世紀末、パリ。のちの天才画家ゴッホを兄に持つ、天才画商テオドルスの、知られざる奇跡の軌跡。生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった! 兄弟の絆、確執、そして宿命の伝記!

【編集担当からのおすすめ情報】
デビューコミックス「式の前日」の穂積、初の長編。新境地に挑戦中です!

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)のKindle版

ツイートする