お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 53人登録
  • 3.39評価
    • (4)
    • (2)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 如月ひいろ
  • 小学館 (2015年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091374592

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 王子が一花を好きなのかどうなのか、いまいちピンとこない。
    いや、好きであってくれないと困るのだけど、分かりづらいなー、王子。
    北大路課長が好みの一花が王子に惹かれるのも、何となく微妙。
    スロースタートなだけだといいな、という期待を込めて次巻も読みます。

  • 溺れる吐息に甘いキスを観た直後だったからかなんかすごく物足りなくなってしまった。京都弁じゃないのかーとか。ただのドSかーとか。絵はやっぱり好きだけど、エースの方が好きだな。
    主人公の一花は会社次期会社候補の王子と呼ばれるイケメンと同じ部署になって…社内恋愛。

  • 借り物20170320読了

  • よくある感じの設定だなぁー。男側はそれでいいんだけど、主役の女の子はもう少しなにか魅力らしきものを出していただきたい。

  • 表題作(+番外編)ほか『DOLL』。
    本誌でも好きな作品。
    お金持ちでイケメンで、仕事ができて…「神王子」と呼ばれているが、実はブラックで歪んだ男な篤人と、その裏の顔を偶然見てしまい、反抗しながらも彼のペースに巻き込まれていく一花。篤人は、かなり一花のことを気に入ってるはずなのに、子供かと言いたくなるくらい、素直な態度で接することができない面倒臭い男です(笑) が、そこが可愛くて仕方がないです。そして、キスがエロいです(笑) そんな彼に振り回される一花も可愛い(笑) 一花姉も、ナイスキャラでした。
    番外編で、一花に”ぽやーっとしてる”と言われる篤人の兄が可愛かった(笑) 『DOLL』は、お互いがお互いにしか見せない部分があって、そこが可愛かった(笑)

  • 【デザイナーメモ】初連載が大ヒットした新人作家さんの第2作。

    比較的長めのタイトル。ロゴは連載開始時に作成したもので、当初「お願い」とか「それ」を際立たせたり囲んだりして処理しようとしたところ、「あえて平板に読ませたい」という担当さんとのあいだでかなり激論になった。何か新しい方法はないものか……と悩んだあげく弓なり・ナナメのロゴになったが、結果的に良いものができたのではないかと思う。

    英訳題はこまかいテキストが欲しいときに自分で訳したりしている。「Please, I Just Want It More」はわりと語呂よく面白くできたではないかと気に入っている。(カバー、オビを担当)

  • 表向きは「神王子」と呼ばれる
    超モテモテの優等生(しかも次期社長候補)ですが
    裏ではドS腹黒の篤人(あつひと)と
    そんな篤人に気に入られてしまった一花(いちか)の
    オトナのラブロマンスです。

    まだS顔しか見せていない篤人が
    いつデレるのかがとてもたのしみです^^

  • 溺れる〜の最終話と同時進行だったのね。今回のS王子は京都弁話さないのか(笑)ちょっと前髪長いんじゃね?な王子。実際こんなに長いとどうなんだろ?

  • 溺れる吐息・・・の最終巻と同時に
    新作の1巻を発売するって。。。。
    ファンにとっては最高のタイミングですね!
    待つ時間も楽しいんですけど、
    読み終わってしまった寂しさをすぐに埋めてもらった、みたいな(笑)

    基本、出てくる男子は仕事ができてドSなので
    好きなパターンです。大好物です。

全9件中 1 - 9件を表示

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

如月ひいろの作品

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)はこんなマンガです

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする