金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)

  • 730人登録
  • 4.24評価
    • (96)
    • (105)
    • (34)
    • (2)
    • (0)
  • 85レビュー
著者 : 岩本ナオ
  • 小学館 (2016年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091386687

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 主人公達の行き違いや問題のバランスがとても良く、絵柄もほのぼのしてて取っ付きやすい。
    面白いです。
    この作者の他の漫画もチェックしてみよう。

  • ちと読みづらいコマがあったりしたけど
    すきな感じすきな話だった

  • おとぎ話を読んでるみたいでほっこりする読後感。
    好きです。

  • 何が楽しかったかといわれると説明しづらいですです。

  • ブクログにあまりマンガは載せないのだけど、これは載せたくなった!くらい面白い。オススメ。

  •  やさしい漫画だなあと思った。

  • お茶の時間に最後に残ったビスケットを何も言わずに食べちゃう人と結婚しちゃだめ
    というわけでどうぞお嬢さん

  • 読後感は一言。ほんわか。
    終盤につれ、ナランバヤルさんがどんどんカッコ良くなっていくし、お嬢様の性格の良さったら。
    薄汚れた自分を再確認。たまにはこういうマンガもいい。

  • 優しい世界。

    1巻完結。

    癒しな感じ。

  • ほんわかしたあったかい作品。でも考えさせられる。また読みたいなあ。

  • 今週は「王女様」をテーマに作品をチョイス。
    今日チョイスしたこの作品は「町でうわさの天狗の子」の連載が完了して次のコミックを待ちわびてたファンにはうれしい岩本先生のちょっと分厚い1巻完結作品。

    このお話しも、恋とドラマもしっかり読ませてくれます。
    そして、せつない恋心と強い気持ちでもって立ち向かう女の子、だんだん恋心を自覚してくる、頼りになる男の子、脇の人たちにもしっかりとドラマがあるとこなんかが健在です。

    今回は舞台が異国で国の名前はA国、B国と簡単なんですが、人の名前はイスラムチックです。
    主人公のひとりがA国の王女様です。この王女様もとても魅力的な人ですが、わたしはこの王女様のお姉さん(だからやっぱり王女様)もステキな人だと思いました。
    個人的にはライララさんが好きですが。

    岩本先生のお話しにはつい引き込まれる何かがあります。絶妙な緩急の付け具合だったり、脇の人たちにもしっかりドラマが書かれているところだったり、色々あるんだと思います。

    だから今回、このお話しが一冊で完結してるのはとてもありがたいです。「天狗の子」の時は続きが気になって仕方ない思いをしましたので…(^_^;)

    ちなみに、家人に読ませたら、面白いからつい一気に読んじゃうんだけど、絵がちょっと書込みすぎで疲れる(^_^;)と言われました。

    このマンガがすごい2017年のオンナ編で第1位にもなってますが、納得の選出です。

    岩本先生、やはり異国を舞台に新しい連載が始まってるそうです。今回は登場人物も多く、天狗の子のように長期連載になりそうな気配が。
    …完結してから一気読みの方がいいかなぁ…(^_^;)

    【効能】女の子が頑張る話、恋愛ものが好きな人、かっこいい男ってどんなもんか悩んでる人に効果があります。
    【副作用】天狗の子を読んでない人は、よみたくなります。(全巻セット購入をお勧めします)

  • 仲の悪いA国とB国が、国一番の賢い男と国一番の美しい王女を交換し結婚させることで牽制しあう。
    賢い男のナヤンバヤルと王女サーラは、初めは他人同士だったが、一緒にいるうちに信頼関係が芽生え、愛情が生まれる。
    高い技術を持つが水不足に悩むA国と、貧しいが水は豊富にあるB国。互いに足りないものを補う形で、ナヤンバヤルとサーラも結ばれる。ハッピーエンドが最初から予想できる展開だが、それもまた良し。
    城や町の背景が美しく、外国に来たような気分にさせられる。癒しの漫画である。

  • 誠実で己に正直であれ。
    そうすれば道は開ける!
    またしても勇気をいただいた漫画でした。

  • 結婚して他人と家族になるということは
    夢物語ではない

    我慢することや
    悲しいことは
    波みたいに押しよせて

    最初に感じた愛や恋は
    月日と共にどんどんすりへって
    違う何かに変わっていく

    だから君はそのときの美しさよりも

    一瞬の楽しさよりも

    自分の親兄弟と同じか
    それ以上に
    自分を大切にしてくれる人を
    探しなさい と

  • 表紙買いして大正解だった、爽やかで心温まるファンタジー漫画。
    1冊の中にラブストーリーや心理戦、アクション、
    ギャグがアラベスク模様のようにきっちりとバランス良く詰め込まれて
    しかもストーリーも大変綺麗にまとまっていました。
    表紙の二人がお互いを優しく思いやりながら、2国の
    運命のために行動する姿には、心がキュンキュン来ます。

  • このマンガ1位ってことで。絵が残念だけど、内容は良かったです。引っ張ろうと思えば引っ張れるであろう題材を、一冊に纏めてしまったのも潔くて見事です。最後が駆け足になってしまって、ハッピーエンドに結びついた根拠が少し弱いとは思えてしまいましたが。

  • やだ素敵…

    最近大勢がやたらと「面白い」「神」とか言ってるとはいはいそのうち読もう…って天邪鬼になっちゃって手に取るのに時間がかかってしまうんだけども、良いねー。良さ。うん。

    全ての物語の束をあの1番の見所にぎゅっ!とまとめきった構成に胸が高鳴りました。

    良い。

  • 面白かった
    けど、もう少し、周りの登場人物をしっかり描いてくれたら、また楽しかったかなとも。

  • 絵は全く好きじゃないけど、作りこまれた作品の
    世界観は見事

    コマ割りが独特で、時々どっちが先が迷う

  • 童話的でありながら漫画らしくコミカルでもあってとてもいい漫画でした。
    優しい気持ちになれる漫画。
    ナランバヤルがどんどんかっこよくなっていくのもいい!

  • 「争いの絶えない2つの国を仲裁する為、神様は言いました。
    『A国は国で1番美しい娘をB国に嫁にやり、B国は国で1番賢い若者をA国に婿にやりなさい』
    隣の国から伴侶が来るのを待っていたA国の女性とB国の男性がひょんな事から出会い、、、?」

    少女漫画というよりは、童話やおとぎ話のようなお話。

    2人がお互いを想い合う言葉と気持ちが丁寧に描かれている所と、ペット相手にも優しい言葉使いな所が素敵。悪人(悪役)が居ないので「毒のない作品はつまらない」派には退屈かもしれない。どのキャラクターも良い所があるけれど、私は特にライララさんが好き。

    最後のナランバヤルの長ゼリフのシーンは「さすが自分で『口だけは達者』って言うだけあるなー!上手いこと説得したなー!」と思った(笑)

  • なんだか優しいお話でした。
    あまり先入観なく読んで良かった。

  • よくあるような話が、よくあるように終わって良かった。

  • おとぎ話みたいなファンタジー。好き。

全85件中 1 - 25件を表示

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)に関連するまとめ

岩本ナオの作品一覧

岩本ナオの作品ランキング・新刊情報

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)の作品紹介

岩本ナオが贈る、おとぎ嫁婿ものがたり

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?


「町でうわさの天狗の子」の岩本ナオが292Pのボリュームで贈る、おとぎ嫁婿ものがたり。

【編集担当からのおすすめ情報】
ときめきが止まらない小学館漫画賞受賞作「町でうわさの天狗の子」から2年半。
岩本ナオ先生の待望の新作がついに登場です!

舞台はどこかにある二つの国。
敵対するA国とB国のお姫様と青年が偶然出会い――!?

通常コミックの1.5倍、292ページのボリュームで、岩本ワールドをぜひお楽しみください!

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)のKindle版

ツイートする