夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)

  • 159人登録
  • 3.35評価
    • (6)
    • (10)
    • (20)
    • (7)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 篠原千絵
  • 小学館 (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091387707

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとテンポが遅いなあ。なかなか話が進まない。

  • 展開が遅くて間延び気味。。
    次巻も読むか迷う。。

  • 今回は途中経過なのでら、妾同士の争いが少ない。゚(゚´Д`゚)゚。残念です…次作に期待です!

  • 大きな動きはなし
    史実知らないので…ここからどうなるのでしょう

  • レンタル>何か少しは進展があったのかと思いきや…遅々として話が進まない(-_-;)。。だんだんつまんなくなって来た。ヒュッレムとイブラヒム,この2人の関係がどうなっていくのか気になるので読み進めてはいるんだけれども汗。。惰性感。
    123P位のギュルバハル様の作画(顔)がトンデモな酷い崩壊画になってるのでギョッとしたんだけどwwwどうしちゃったのw!?先生、あの顔でOKなのかしらんΣ(゚Д゚)!!!
    段々漫画のコマ割もちょっと雑な印象に。。風景画多いし同じ設定の場面を多用し過ぎ(一時のイブラヒムとの過ち場面が何度も出過ぎw)に…一体どうしちゃったのかしらん!?
    ヒュッレムの子、第一子がイブラヒムとの過ちで出来た子であれば、髪色は初っ端から違ってていいだろうしなぁ。。第二子は確実にスルタンの子なんだよね、これ一体どんな顛末迎えるのかしらん。。悲劇的にしか想像できないわ。
    (巻末おまけ編見ると)ちょっとイブラヒムとスルタンのBL臭も漂ってるような気もする。展開的には大奥のそれと(トルコ版って感じで)そんなに変わりはなさそうなんだけど。。

  • 面白みに欠けるなぁ…。
    ヒュッレムについて、歴史と照らし合わせながらそれとは違う流れにしたいのかなとも思うけど、時代背景と話の流れが噛み合ってないような。

    スレイマンは、あくまでも見守り役のような立ち位置だし、もっと活躍してほしんだけど。
    ドロドロまでは行かないにしても、爽快感がなくてスッキリしないんだよ…ズルズル進んでるし。

    どうしても、歴史物で見ちゃうと天河が浮かんじゃうからね。
    期待しちゃうわけです。
    それもあって読み始めたってのもあるんだが。
    もうちょっと変化がほしい!

  • そっち方面にいくのね~!??
    というかんじで意外な方向転換あり、面白くなってきました。
    だけど、なにかものすごく、物足りない。。。
    天河…・・・
    少女漫画に必須である、ラブいシーンが欠如!
    ヒーロー?役のかっこいいシーンもなし!
    どうにかなんないかなー??

  • 我が子を守るため、皇帝の寵愛と大宰相イブラヒムの後見を得て、後宮で着実に力を手にしていくヒュッレム。
    第二子を懐妊し、その権力は今や第一夫人ギュルバハルをも凌ぐものとなるが――。

    今回は動きが少なかったけど、ヒュッレムとギュルバハルさまの子・ムスタファ殿下とで深い話ができたのは良かったなと思う*
    ってゆーか、殿下!あなた本当に7歳なの!?何その達観した意見は!!Σ(゚∀゚;)
    やっぱ母親がやってきたことをちゃんと見てるんだね~子どもって。

    ここからヒュッレムが如何にして後宮での最高権力を掴むのか…見守っていこうと思います☆

  • ヒュッレム、第二子懐妊!
    しかしギュルバハルとムスタファ殿下の立場を考えるとどんどん胸が苦しくなっていく…。
    誰も殺さず、殺されないために権力を欲するヒュッレム。
    メフメトはいったいどちらの子なのか…続きも楽しみ。

  • 画面がどんどん白くなっていく…。

全15件中 1 - 10件を表示

篠原千絵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)の作品紹介

寵姫ヒュッレムは、本当に悪女だったのか?

オスマン帝国の大宰相(ヴェジラザム)となり、皇帝・スレイマンの妹を娶(めと)ったイブラヒム。スレイマンはイブラヒムの帝国での地位を揺るぎないものにするため、エジプトで反乱を起こしたアフメトの鎮圧を命じる。一方、イブラヒムと添い遂げるという夢が潰(つい)えたスレイマンの第二夫人・ヒュッレムは、スレイマンの寵愛とイブラヒムの後見を得て、後宮(ハレム)での絶大な力を手にしていく。けれど、夜ごとスレイマンの寝所に召されながら、自分を通してスレイマンが見ているのは、実はイブラヒムなのだと悟ったヒュッレムは、まだ幼子のメフメト皇子を守りながら、後宮の中で生き抜くことを決意するが…!?

夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックスアルファ)のKindle版

ツイートする