マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 227人登録
  • 4.06評価
    • (18)
    • (19)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 岩本ナオ
  • 小学館 (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091394279

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)の感想・レビュー・書評

  • エリーは剣自慢がほんとは好きなんじゃと思ってたけど、眠くないとなにやら過去にあったみたいで、本命は眠くない?
    寒がりやとお姫様はまた再会できるのか?

    兄弟7人がそれぞれで派遣先のこと語るのかと思っていたけど、次巻は来年の六月。
    兄弟全員でとなったら足掛け七年になってしまう。
    その辺は今巻の伏線見るに大丈夫そうな気もするのですが、どうなることやら。

    続きも楽しみです。

  • 「金の国水の国」にこの物語のオマケ漫画が付いていて、発売を楽しみにしていました!読んでみて期待通り面白かったです!
    群像劇+ファンタジー+恋愛モノと好きな要素が詰まっていて、絵柄も素朴で可愛いです。キャラクターは一人一人が個性的で、でも身近にいそうな等身大なところが好感を持てます。まだまだ秘密が隠されていそうなので読み進めるのが楽しみです!
    なおビジュアルが好みなのは獣使いです。動物のことしか眼中になさそうだったり、それでいてしっかり動物使って情報収集してるのが好きです。剣自慢も女の子苦手そうで可愛い。そのくせエリーに対して長男のこと頼む、って頼むのが素晴らしい。長兄はブラコン気味でちょっと鈍感なのが良い。うーん、みんな気になりますね!

    以下ネタバレ考察。超偏った思考です。

    ★眠くないが幼少期のトラウマを抱えていそう。そのエピソードを見るに、眠くないは他人へ睡魔の影響を及ぼしてしまうのでは?そのタイミングは自分が「眠い時」あるいは「眠りたいほど心がしんどい時」なのでは?(逆に、周囲の心の動きに影響されて眠くなる可能性もある。)
    →「僕が うたた寝」というモノローグに加えて泣きじゃくる幼い彼の姿。そして西領貴族の「あんなバケモノ」という言葉に、「これは僕のことだ」と思う眠くない。夜の長い国では「体力のある人と一緒にいるせいか眠くならない」と冗談っぽく言っていた(精神的にも心強いからこっちも支えられて眠くないということか、あるいは周囲が落ち着いていてしんどくならないということか)。
    極めつけはエリーが男性に褒められて動揺したとき周囲の人々が眠気を訴えており、「子供じゃないから大事にはしない」と彼は言っていた。彼はエリーを女性として見ており、奪われる想像をしてしんどくなってしまったのかもしれない。

    ★寒がりやは暖かさを感じた時に髪の色が変わる。(巻末オマケで、暑がりやも寒さを感じた時に髪の色が変わっている描写がある。これによって兄弟みんなに不思議な力がある可能性が示唆されている。)
    →ブルーノ様と一緒にいた時に急激に寒さを感じたのは、「一緒にいられないと寂しい」という気持ちが呼び起こした、彼自身の力かもしれない。眠くないのように他者に知られてはいないのかも(眠くないは幼少期に事件を起こしてしまってバケモノ呼ばわりされたのか。眠くないに対して城代が「いくら君でも死ぬよ」と冗談を言うシーンがあり、評判が広まっていると思える。そのせいで、ただでさえ母の出自で肩身が狭かったのに兄弟たちも冷たい目で見られ、長兄としてますます責任を感じているのかもしれない)。

    ★夜の長い国にて、「神様を女将軍が塔の上に閉じ込めた」「返してくれないなら眠くないをもらう」「それがあの男が20年前に世界と交わした約束」という言葉があった。夜の長い国で生き神扱いされていた(か、予言の力を持っていて大層大事にされていたとか?)七兄弟の父親が、バリバラと恋に落ちて国を出奔した、となどの可能性がある。病弱だったからマロニエ王国で療養させるため塔の上にいさせたのかも。そんなVIPを連れ出したバリバラは国外追放になった。
    →その一年後に眠くないと博愛が生まれているとすれば計算は合う。そういう力を持つ父親の血を引いているなら、兄弟たちが不思議な力を持つのは納得がいく。
    だからこそバリバラは「不思議な力を持つ兄弟たちにこの国へ恩返しするように→王女様を助けるように」教育したとか?
    眠くないは父親の何かの予言によってこの国にもどるようになっていた?というより、兄弟全員に何らかの予言が?
    王女様に「呪い」が何度も起きるのは、まさかのまさかで、兄弟たちの潜在意識が起こしてしまっていたとか。それを危惧したバリバラはそれぞれの特色に合った国で生活するならそれも良いと考えているのかも。ここら辺はまだ... 続きを読む

  • 自分も、いつかかっこよくお姫様を助けたい。笑

  • もう、この作者さんのネーミングセンスったら最高~♬多分、兄弟全員それぞれのエピソードが出てくるよね?それに母上もパンチのあるキャラでこれからの展開が楽しみでならないです。細かな端々に何気なく登場する猫ちゃんも待ってまーす。できれば増量、増し増しで!

  • マロニエ王国女将軍の七人の息子、「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」。
    彼らの大義は「いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!」
    彼ら七人の騎士はそれぞれ「夜の長い国」「好色の国」「寒い国」「暖かい国」「生き物の国」「武力の国」「食べ物が豊富な国」へ外交に行くことになる。
    あー!設定だけですでにわくわくが止まらない…。
    てっきり全員一度に外交に出るのかと思っていたけど、これ一人ずつ(一国ずつ)やってくれるってことですかね…ありがたい!先が楽しみ!

  • 微妙なずれに噴き出さずにはいられない第1話から、なんとなく不穏な長兄の外国訪問へ。息子たちのコイバナに一切興味ない母将軍様は、過去にいったい何をしでかしたのか。これからの展開と、途中挿入されるであろうユーモラスな会話、つっこみに期待大。

    太さに変化のない線で細かく描きこまれている画面は、なんとなく安野光雅氏を思い浮かべる。

  • 『金の国 水の国』に引き続き童話のような世界観。
    初めから登場人物が多いから、読みにくいかなと思ったけど、そんなこともなく面白かった。
    普通の会話の中にクスッと笑えるセリフが入ってる所が好き。

    「神様」はおそらく眠くない達の父親だよね。
    何かと秘密が多そうだけど、これから徐々に明かされていくのかな。7人の恋愛も気になるし、これからどうなるか楽しみ。

  • 金の国~が面白かったので。
    7人の将軍の息子と7つの国がどう絡んでくるのか。面白そう。それにしてもヌートリアって(笑)
    アレはリスではなくリスに似た何かだと思う。ウン。

  • 2巻が2018年の6月予定なのがつらいw早く続きが読みたい。
    今のところ寒がりと眠らないをメインに話が進んでいるけど、きっと7人全員にその個性が光るエピソードが用意されているんだろうな~と思うと期待せずにはいられない。
    ハラペコがお腹を空かせる様子を見せると、みんなが慌てるのは、単純に可哀そうとかそういうのじゃなくて、お腹が空いてしまうと何かが起こるからなのかな。寒がり暑がりの髪の色が変わるのも何か意味があるんだろうな。

  • 『金の国、水の国』も面白かった。こちらもファンタジックな設定で、そのファンタジー具合がちょうどよくて面白そう。続きがきになる1巻らしい話。
    眠くないと夜が長い国はどうなるのか。

  • 2巻が出る頃には確実に話忘れてるな(笑)暑がりやと寒がりやは髪の色が変化するのね。眠くないが幼い頃見たあの光景はどういうこと?

  • 登場人物が多くて最初誰が誰やらだったけど、読み進むうちに物語世界に入り込めて見分けられるようになったよ。こういう感覚てたのしい。
    これからどんな物語になるのだろう。たのしみしかない。

  • フラワーズで読んでるけどまとめて読むとやっぱりいい。

  • 騎士たちの名前が独特で二度見したんだけど、読んでるうちに慣れてしまった。眠くないは無事に帰れるんだろうか。エレオノーラ可愛い。

  • おお、これは好きなタイプの話だー
    まだ序章だけど、先が楽しみ。次巻も買う!

  • 岩本ナオの描く世界観が大好き!一人ひとり魅力的なキャラクターが大好き!どうしてこんな物語を創り出せるんでしょ。
    強くたくましいママはドーラを思わせる。7人の息子に7つの国。これからどんな展開になるのかまったくわからない。めっっちゃわくわくします♪

  • 素晴らしい!7人イケメン兄弟の魅力的なキャラ設定に加えクールビューティな姫、でかいリスちゃんなどなど。一コマにどんだけ情報ぶち込むのってくらい繊細な作画。楽しい。次巻も期待。

全17件中 1 - 17件を表示

岩本ナオの作品一覧

岩本ナオの作品ランキング・新刊情報

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「積読」で登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)の作品紹介

岩本ナオが贈る、中世騎士ものがたり開幕!


マロニエ王国の女将軍・バリバラには七人の息子がいた。
彼らの大義は――

「いつかかっこよく
我が国のお姫様を助けること!!」

そんな彼らに与えられた任務とは…!?


『金の国 水の国』の岩本ナオが贈る、中世騎士ものがたり。

●描きおろし ショート番外編「春がくる前の話」 収録
●第1話扉をカラーで収録


【編集担当からのおすすめ情報】
前作『金の国 水の国』で[このマンガがすごい!2017 オンナ編]第1位、[マンガ大賞]第2位を受賞された岩本ナオ先生の待望の新作がついに登場!

それぞれが特性を持った七人兄弟の名前は…
「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」。

お姫様に忠誠を誓う彼らが繰り広げる騎士ものがたり、
どうぞお楽しみください。

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)はこんなマンガです

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)のKindle版

ツイートする