マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 150人登録
  • 4.17評価
    • (13)
    • (8)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 岩本ナオ
  • 小学館 (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091394279

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
雲田 はるこ
有効な右矢印 無効な右矢印

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)の感想・レビュー・書評

  • エリーは剣自慢がほんとは好きなんじゃと思ってたけど、眠くないとなにやら過去にあったみたいで、本命は眠くない?
    寒がりやとお姫様はまた再会できるのか?

    兄弟7人がそれぞれで派遣先のこと語るのかと思っていたけど、次巻は来年の六月。
    兄弟全員でとなったら足掛け七年になってしまう。
    その辺は今巻の伏線見るに大丈夫そうな気もするのですが、どうなることやら。

    続きも楽しみです。

  • 自分も、いつかかっこよくお姫様を助けたい。笑

  • もう、この作者さんのネーミングセンスったら最高~♬多分、兄弟全員それぞれのエピソードが出てくるよね?それに母上もパンチのあるキャラでこれからの展開が楽しみでならないです。細かな端々に何気なく登場する猫ちゃんも待ってまーす。できれば増量、増し増しで!

  • マロニエ王国女将軍の七人の息子、「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」。
    彼らの大義は「いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!」
    彼ら七人の騎士はそれぞれ「夜の長い国」「好色の国」「寒い国」「暖かい国」「生き物の国」「武力の国」「食べ物が豊富な国」へ外交に行くことになる。
    あー!設定だけですでにわくわくが止まらない…。
    てっきり全員一度に外交に出るのかと思っていたけど、これ一人ずつ(一国ずつ)やってくれるってことですかね…ありがたい!先が楽しみ!

  • 微妙なずれに噴き出さずにはいられない第1話から、なんとなく不穏な長兄の外国訪問へ。息子たちのコイバナに一切興味ない母将軍様は、過去にいったい何をしでかしたのか。これからの展開と、途中挿入されるであろうユーモラスな会話、つっこみに期待大。

    太さに変化のない線で細かく描きこまれている画面は、なんとなく安野光雅氏を思い浮かべる。

  • おお、これは好きなタイプの話だー
    まだ序章だけど、先が楽しみ。次巻も買う!

  • 岩本ナオの描く世界観が大好き!一人ひとり魅力的なキャラクターが大好き!どうしてこんな物語を創り出せるんでしょ。
    強くたくましいママはドーラを思わせる。7人の息子に7つの国。これからどんな展開になるのかまったくわからない。めっっちゃわくわくします♪

  • 素晴らしい!7人イケメン兄弟の魅力的なキャラ設定に加えクールビューティな姫、でかいリスちゃんなどなど。一コマにどんだけ情報ぶち込むのってくらい繊細な作画。楽しい。次巻も期待。

全8件中 1 - 8件を表示

岩本ナオの作品一覧

岩本ナオの作品ランキング・新刊情報

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に「積読」で登録しているひと

マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)はこんなマンガです

ツイートする