ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

  • 197人登録
  • 4.14評価
    • (12)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2017年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091395603

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • オリジナルをほぼリアルタイムで読んでいたので当時の漫画界ではありえないほどのクオリティの高さにこの人はなんなんだと思った。

    他の作品も大好きです。

    今回の続編はできれば出してほしくなかった。

    あのラストで十分満足していたので。

    それにやはり絵が変わっているのがつらい。

    好きすぎて思い出はきれいなままで残したかったのが本当の感想です。

  • シナリオは期待以上だった。
    宝塚の舞台は春の夢をやったら良いと思う。

  • 絵が変わっているのが残念。仕方ないことですが。
    ストーリーはやはり萩尾望都。
    昔の流れにちゃんと繋がる。

  • 読み始めたとたん目眩がした。その豊穣としかいいようのない世界に。

    「残酷な」以降の固い太い絵柄になり、繊細さは失われているけれど、ここに繰り広げるているのは、まぎれもない「ポー」の世界。ナチスの足音が聞こえる第二次世界大戦を背景に、これに振り回される人達に、類族やポーの一族の起源の物語を織り交ぜて、その世界は前書より骨太に遥かに物語性の深いものに。そして、本編の副題の「春の夢」。辛く冬の時代に、幸せだった過去そして未来の「春の夢」をみる。でも、振り返って見ると、その冬の時代こそ「春の夢」であったことを思い至る切なさ。しかし、それは、辛いことを含めての人の日々の営み、人生に対する賛歌でもある。

    単なる「続編」以上、傑作だった前編より更に素晴らしい続編になっており、心底驚かされた。まぎれもなく萩尾望都は天才であるが、他の同年齢の作家が表現のレースから降りる中、貪欲に進化し続ける萩尾望都の漫画に対する熱に心からの敬意を表したい。      

  • ちょうど『ポーの一族』を読み終えたタイミングでの単行本化で、即買いでした。

    というわけで、一気に40年の歳月を数日の間に旅してしまいました。

    ああ、圧倒的なこの世界観の構築にやられます。
    まるで本当にこのような物語が存在しているような気持ちになります。

    そしてこれがどのような形で舞台化されるのか・・・楽しみすぎてたまらない。

  • 『ポーの一族』40年ぶりの新作。
    単なるファンへのアンコールに留まらず、新たな物語と人物とを創造する志の高さに圧倒される。
    緻密で重々しいとも、繊細で瑞々しいとも言える、幼くて年老いた吸血鬼たちの物語。
    あらためてまた、本編の方も読み直したくなる。

  • 本誌のflowersで全話読んでいたにもかかわらず、今回のコミックス発売が楽しみでしょうがなかった。そして、改めてまとまった一冊を読んでみて、クォリティの高さとストーリーの重厚さをひしひしと感じたのだった。
    雑誌で1話目を読んだときは、「ポー」新作というより「萩尾望都」作品の新作という印象が強かったのだけど、新キャラが何人も登場して話がどんどん広がっていく一方で、エドガーやアランに昔の面影を感じられるようになっていき、場面によってはエドガーの横顔の美しさに「あ、懐かしい、この感じ…!」と一瞬ドキリとすることもあった。
    第二次世界大戦下というシビアな現実や登場人物の不気味な行動…骨太なストーリー展開はさすが、萩尾先生のこれまでの軌跡を彷彿とさせられる。「エッグ・スタンド」をちょっと思い出した。中性的キャラもまた萩尾作品おなじみだし。大老ポーなど懐かしいキャラクターが登場する一方で、ちょっと中性的な紅ルーシ出身の吸血鬼(ヴァンピール)ファルカの登場、レイ(妖精の鎖)ラインなど、ヨーロッパの歴史についても詳しく調べて作品に反映させているのだなということが窺える。
    70年代ポーの儚さも好きだけど、今回のポーのずっしりとした感じも読みごたえがあって、決して別物ではなく地続きだということが今回よくわかって嬉しかった。今後の展開が本当に楽しみだ。

  • なんと40年ぶり(!)の続編。
    一応、この一冊でエピソードとしては完結しているが、まだまだ続きがありそうな雰囲気。

  • Alanが少し肥えた様に感じ、
    対してEdgarは端正な顔立ちに肉が付いた様に感じました。

    そしてこれまではEgdar達ポーの一族を中心に
    人とは違う人達の特徴が描かれていたので、
    Ruthenia Rubra(赤russi)出身のFarkaの空間を擦り抜ける能力に驚きました。

    そしてBlancaとNoahの姉弟の再会が叶わず、悲しかったです。
    彼女は生きて近くまで訪ねたのに会えないなんて…。
    それでも祖母がVeneziaへ訪れている時に、
    祖母と伯父にだけでも会えたらと願わずには居られません。
    Jewsだからと、Deutschland出身だからと
    Deutschの言葉や歌を封じていた幼年時代を送っても、
    成長したNoahがEdgar達と出逢った家で伸び伸びと歌っている姿に安堵しました…。

  • すごい。時間を越えてこんな形で次が紡げるのだ。作者自身がポーの一族なのではないかと思ってしまう。

  • 作者が袖にて言う通り、「絵も顔も変わ」っている。
    やたらエドガーが分別臭そうな顔をしていたり、中年女性の業が戯画化されていたり。
    しかし作品の根底を流れる優しさは変わらず。
    p.38「泣いていいのに」
    エドガーはブランカに言うと同時に自分にも(、つまりは生きとし生けるものすべてに)言っている。
    これは他の作者、他の作品ではあり得ない優しさだと思う。(従来の非情さよりも優しさが前面に出てきたか)
    さらには、
    p.177「アランがいないと、ぼくは幽霊になってしまう」
    これはもはや愛であり恋であり執着であるという意味で、人類すべての尊くもあり醜くもある感情すべての吐露だ。
    萩尾先生の創作における真面目さ・律義さ・厳密さは大変に好もしい、そして心強い、と思った。
    (浦沢直樹の漫勉で、媚びへつらいネームバリュー関係なく、見てよかったとしみじみ感じ入ったのは、萩尾先生の回。)

  • 大人になってから本屋さんで漫画を買ってこんなにウキウキした気持ちになったのは久しぶり。あやうくスキップして帰るところだった(笑)40年ぶりのポーの一族新作!!

    最初はやっぱりちょっと絵柄の変化に違和感を覚えましたが、読み進めているうちにすぐに慣れます。とくにアランのほうが絵柄の変化が大きいのだけど、喋ると相変わらず、ヤキモチ焼きで子供っぽい駄々をこねてはエドガーを困らせてるあのアランのままだった。そして相変わらず皮肉屋のくせにアランには過保護なエドガー。

    終盤ちかくでエドガーが「アランがいないと自分は幽霊になってしまう」というようなセリフを言う、そのコマの感じが一番昔と変わらないエドガーだった気がする。

    時期的には1944年、戦争中。前のコミックスをひっぱりだし「ランプトンは語る」の最後のページの年表で調べてみたら、「小鳥の巣」のギムナジウムにエドガーとアランが現れたのが1959年。つまり今回のシリーズはそれよりは少し前の話。「エディス」は1976年だったんだなあ、なぜか感覚的にもっと昔の話のような気がしていたので、今回初めて戦争というワードが出てきて、これまで吸血鬼ということは別にしてもファンタジーのようだった彼らの生きた世界に、ちゃんと現在と地続きの歴史があることに不思議な気持ちがした。

    新キャラのファルカ、ああいうパワフルなタイプは好き。吸血鬼にもいろいろ系列があるらしい。

    クロエとその仲間たちのようなタイプのパンパネラがいるのはちょっとショックというか残念。仲間に加えるには基本的には厳しい承認審査がある=美しく賢いものしか仲間にするべきではないのだと思っていたので、ああいう下品で欲望まみれのタイプがいるのは嫌だなあ。

    挟み込みの月刊フラワー予告では2018年春くらいにまたこの続きが連載されるようなので、また1年以上続きを待たなくてはならなそうだけど、楽しみに待ってます。

  • 通りがかった駅中の本屋さんが手書きの大きな紙を貼りだしていました。事件のような扱い。
    40年ぶりの新作だから、当然か。
    しかも、字があまりきれいじゃなかった。。。

    もちろん、すぐに買いました。私にとっても大事件だったから。
    ポーの一族の新作を再び読むことになるとは。
    スターウォーズの新作を映画館で見たときよりも、感慨深い。

    そして、40年間マンガ描き続けてきた作者、すごすぎる。

    正直、この春の夢の表紙の絵はあまり好きではないなあと思った。
    でも、中の絵は好き。
    連載開始した最初の回と次の回は雑誌買って読んで、わりと普通に戦争と平和かなって思ってたら、
    ファルカやクロエがでてきて、にわかに空気が変わった。
    あ、萩尾望都だ、って感じ。
    結構怖い話でもあるんだけど、さらっと描いてたりする。
    どんどん話が流れていって、最初の方の設定の始末をつけていってる。
    その辺はベテランの安定感ですね。

    40年前の作品より切なくないのは、私が年を取ったせいか。
    グレンスミスの日記は今読んでもため息が出るのだろうか。

  • 雑誌での連載から、とても待ち遠しかったコミックスです。まさかの、これこそが春の夢じゃないかと思える続編!表紙イラストも箔押しで、とても美麗です。
    40年ぶりのエドガーとアラン。彼らは永遠に生き続けているから、こうして再会できたのだな…と感慨深くなりました。年月を経て幾分顔つきや雰囲気が変わっているものの、やっぱりエドガーとアランだと思える魅力は何ひとつ変わることなくて、もう胸いっぱいです…!

    年代設定が後日談ではなく1940年代のイギリスとなっていて、ここにまたひとつ先生の描きたかったテーマがあるんだなと期待度満点に。
    ドイツから戦火を逃れてやって来た少女たちとエドガーの出会いから始まるストーリー。
    新たな永遠の生命を持つキャラが登場していたり、キングポーが大々的に登場していたりと興味が尽きない展開でした。怖かったのがクロエですね。エドガーから生気を吸い取って、ベタベタさわってけしからんと思ってたけど、今後モンスター化して再登場しそう…!
    ファルカの方の一族が今後どんな影響を及ぼしていくのかも楽しみです。
    ブランカがあんな激動の運命をたどるとは思いもよらなくて、胸がしめつけられました。ファルカと共に幸せになって欲しいですが…
    小鳥の巣までの間に何があったのかと、今後の展開を色々妄想中です。

    続編を読めたことは本当に奇跡のようで幸せです。続きも楽しみ。

  • 待ちわびたコミックス。雑誌で読むのとまた違った味があるんだなあ。絵が変わったとか言われてるけど、私は全然気にならなかった。読み出したら、40年ぶりなんてとても思えず、まるで昨日の続きのよう。

    以前と同じく、描かれる運命の残酷さに心が震える。エドガーもアランも、少女漫画的王子様ではないところがすごいなあと思う。

    こぼれ話的なものではなくて、ポー一族の謎に関わる物語であったことに感激した。キングポーが登場するとは思わなかった! まだ続きがあるのだろうか。メリーベルをふたたび目にしたりできるのだろうか。

  • 新作を40年待ってる人がいるかと思うとワンピとかHUNTER×HUNTERの休載で文句言ってはいかんなと。
    萩尾先生ありがとうございます(笑)
    まさに神!

  • アランのためとはいえエドガーがクロエとあんな契約をしていたとは…衝撃。更にキング・ポーの登場には仰け反り…愛妻老ハンナの願いをここまで守るとは。ファルカとブランカで収まって安堵(アラン危なかった)。あの頃に戻ってこの感動を分かち合えたらな。切なさマックスな春の夢。扉絵は勿論モノクロなので雑誌も捨てられない。謎が残るのは続編を期待しても良いってこと?

全17件中 1 - 17件を表示

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)の作品紹介

名作「ポーの一族」40年ぶりの新作続編!

不朽の名作「ポーの一族」から40年。ついに新作の続編がコミックスに!!

永遠の時を生きるバンパネラ(吸血鬼)であるエドガーとアランは、
1940年代戦火のヨーロッパ、イギリス郊外でナチスドイツから逃れてきたドイツ人姉弟と出逢う・・・

そしてその出逢いが新たな運命の歯車をまわすーーー


【編集担当からのおすすめ情報】
2016年月刊フラワーズ7月号に第1話が掲載されてから、伝説の復活に大反響を呼んだこの作品は、エピソードとエピソードの間の小さなお話ではなく、物語の根幹に関わるドラマティックで今現在の萩尾望都さんの想いがつまった作品です。かつてファンだった方も初見の方もともに夢中になる渾身の物語です。お読みください!

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)はこんなマンガです

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする