クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)

  • 306人登録
  • 3.51評価
    • (23)
    • (13)
    • (77)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 黒丸 夏原武
  • 小学館 (2006年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091510976

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トリック詐欺。騙す気はなくても、被害が出たら結果的に加害者になる。儲けたい、得したい、楽したい、そんな甘い考えを持った被害者が多かったからか同情は出来ない。壊れた信頼を取り戻すには、どれぐらいの年月が必要なのだろう。
    氷柱父、登場。

  • 無知は罪なり。
    いつか何かが変わるはずだ。
    終わりなんてものは、たとえ望んでいなくてもいつか必ずくるものなんだ。
    利用するってことは少なくとも使える人間だと認めてるってことだ。

  • 正しい知識がないところっと騙される。
    無知は罪なり

  • とりあえず、読みきってみた。
    マニュアル的要素を意識してか基本構成がずっと一緒だし(でもこんな物語要素の強い話をマニュアルとして読むのはどうかと思うけど。手口以外は参考にならないと思う)、おんなじオチっぽいものもあったりして時々中だるみ感を感じなくもない。まあ、ヒロインの氷柱ちゃんが気に入ってるので、見ている感じ。不幸体質で健気なわりに、一応距離を置いているので、この娘が出てくる回はぴりっとしてよいからね(宝石詐欺の回のぞく)。
    法学部生で検事志望というロミジュリ的設定はどこへ行ったのだろうと思いつつ。まあ着実に主人公も落ちていってるし、そろそろ動きがあるかなと期待しています。
    あとそろそろ登場人物増えてきて、登場人物紹介を巻頭に入れても良いのではと思ったりもする。

  • 読了

  • 詐欺にあったり片棒担がされたりするのは、やっぱり何か怪しいのは分かってて手を出した人も多数なんだろう。お金は地道に稼がないとね

  • 200609 実在の事件をモデルにしており、なかなか面白い

  • ドラマ化もされましたが、原作の方が面白いと思います。「美用品詐欺」など女性にも身近な詐欺の手口や対策などがあとがきに書かれていますので漫画だと馬鹿には出来ません

  • ドラマは数字取れてたのでしょうか?<BR>
    まあ、ぼちぼち見てましたが<BR>
    黒崎君はミスキャスト。<BR>
    しかし、原作は無難に普通に面白いです。<BR>
    ドラマ化、と言う台風も去ったので<BR>
    まったり読んでいきます。<BR>
    随分登場人物達に「ゆらぎ」が<BR>出てきました。<BR>
    クライマックスに向けての準備でしょうか?<BR><BR>
    無理に急いでる感じもなく、<BR>
    一応詐欺問題を扱うという本題からも逸れずに<BR>いい感じに進んでいると思います。<BR>

  • 氷柱ちゃんのお父さんの話と、早瀬さんがらみのお話。
    黒崎と桂木の複雑で微妙な関係になんともいえない気持ちになります。
    しかし、世の中にはいろいろな詐欺があるもんですね…。

全10件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)はこんなマンガです

クロサギ 10 (ヤングサンデーコミックス)のKindle版

ツイートする