おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)

  • 2048人登録
  • 3.76評価
    • (156)
    • (163)
    • (258)
    • (10)
    • (7)
  • 62レビュー
著者 : 浅野いにお
  • 小学館 (2008年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091513335

おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関くんが反抗期だったり小松っちゃんが勝利の快楽に目覚めたり清水(かわいそうだが清水は呼び捨てが一番しっくりくる)が嘘をつくことを覚えたり、小学生だったみんなが徐々に変わっていく。女子グループの中で一番見た目が好きだったソバカスちゃんが陰口をたたくような子に成ってしまったのが何気にこたえる。中学生編にしかでてこないのが勿体ないほどナイスガイな矢口先輩に自分の素直な気持ちを伝えられるだけプンプンもちょっと成長したのかしら。後半から物語は雄一の過去編へ。母親・姉のわきにうっすら生えた毛はなるべくなら見たくないものだ。

  • プンプンだけでなく、その周りの人々もそれぞれ大切なものを持ちながら、運命に翻弄されていく。

    「プンプンはただただ
    みんなが幸せになればいいと思うことの、
    なにがいけないんだろうと思うばかりでした。」

    「当たり前のように過ぎてゆく
    当たり前の日々は、
    当たり前の未来へきっと繋がっている。

    ピースの足りないジグソーパズルのような気持ちを感じながら、
    それでも大人になるのが人間だと信じていた。

    でも、もし、
    異常というこの日常の中で
    すでに僕も
    壊れてしまっているのだとしたら・・・

    違う!!
    僕は僕だ!!」

    「僕は・・・まあ、月並みさ。
    ・・・自分は特別で、他人とは違う何かを持っていると信じてそれをずっと探していたよ。
    ・・・今はその頃の自分を「若かった」の一言で片付けて、
    でっちあげの屁理屈で帳尻を合わせているんだ。

    今はただ・・・
    器の中の表面張力の限界を超えて、一気にこぼれ出すように、
    心の中の何かが溢れだすのを恐れながら、日常を過ごしている。」

  • .

  • いっちくす‼︎ 超反抗期 超いいがかり ジュヨーとキョウキューが成り立ってんだろが‼︎ 社会不適合者はとりあえず、死んどけ。 福島県で水道局の夜警 黒く澱んで 黒いもやもや 森川汁子 エリンギ けっこー普通に凡人だったのな ヘドが出るほど 先に殺しちゃえばいいんだよ あなたの更年期障害といい勝負だよ 下火 な〜んかせつねーよなーマンコ 敗北者達の宗教みたいなもの 人と人が完全に同列になり、個という意味を捨てた時、本当の意味での生命の喜びを感じることができると思うかい? …そう‼︎僕にとって勝利も敗北も、生命そのものなんだ‼︎生きることは細胞と魂の躍動だ‼︎だから僕はいつだって全力でぶつかっていくよ‼︎最高の勝利と敗北を味わうために‼︎…あぁ無知な平和主義者のプンプン…君はそうやって生命の歓びを知らずに死んでゆくのかい…「生命の歓びを‼︎」 プンプンは自分の希望的観測に辟易です 俺が優勝したら…田中は一生俺のもんだ‼︎ …ま、恋愛なんて孤独って恐怖をやわらげる麻薬みたいなもので、醒めた時に広がる更なる恐怖を味わいたくないなら、一人でいるのも決して間違いじゃないけど。 33歳でちゅ …償い、かな。へぇーソレ、今度合コンで使ってみます。どうぞ。 ドラセナの木 …美しくない。傷を舐め合うような恋愛なんて、ただただ醜いだけだ。 シュインッシュインッ何を偉そうに…偽善者のくせに‼︎ なんか、あの、とってもベタなんですけど、ガスの元栓が気になっちゃって… …え〜…大隈様は明日18時からのご予約ですが… やっぱトムヤムクンで!クンにします‼︎クンニします… 大隈翠25歳 幸福の木 …非常に二十代的ではあるが、…非常に素直な良い子ではあると思う。…笑顔。何が目的だ、貴様ァッ‼︎ 凛々と語る 絵空事 湯上さんに今口説かれていて 理屈じゃなくて直感でこの人だって思える人 アンビバレンスな感情が……誰だ⁉︎この穢らわしい生き物は…⁉︎ …本当はね、僕は、姉家族に愛情や絆なんて一切感じてないんだよ。あの家は、僕が社会から存在を忘れ去られてゴミのように生きてゆくのに、都合のいいただの箱なんだ。 …100万円。昔、何があったか教えてくれない限り……1円たりともまけません… 大船駅から徒歩数分の陶芸教室 近所のオバサン達が集う市営のカルチャースクール このたっぷりとした量感…それでいて繊細な曲線… 異常という名のこの日常の中で …激しく‼︎勃起した‼︎ …自分は特別で、他人とは違う何かを持っていると信じてそれをずっと探していたよ。…今はその頃の自分を「若かった」の一言で片付けて、でっちあげの屁理屈で帳尻を合わせてるんだ。 悪い虫が付かないように 峯田和伸 羽海野チカ 柴崎友香

  • ちょっと面白くなってきた
    プンプンも雄一おじさんも意外とモテる
    このリア充らめー

    迷路が激むず(挑戦してもいないけど)

  • 2巻から続けてレビュー。

    プンプンの話は正直まだよく分からんです。とりあえず鳥みたいなテキトーなビジュアル何とかならんかね?
    ただ、雄一の話になった途端急に面白くなってきたので星評価を★1上げました。

    まぁ、端的に言って16歳の子、あかんやつですな。4巻に手を出す前でも察しはつきますわ。

    しかし、「100万円です。1円も負けません」か。いい度胸してるなこのカヘの子。こういう子本当好き。惚れるのも分かるわ。

  •  先輩とおじさんに驚いている。

  • プンプンは中学生になりました。気になるおじさんの過去。この話はどこにいくの?

  • 矢口先輩かっこいい。続きが気になる。

  • 書かれ方がリアルなぶん雄一と小松の芝居がかった口調が(いい意味で)浮いてる気がする。絶対これから何か起こりそうではらはらする。
    と思ったら雄一さんあなたなにしてんですか。

    矢口先輩いい人じゃないですか…報われて欲しいけど、愛子ちゃん的にはどうなんだろう。

全62件中 1 - 10件を表示

浅野いにおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)のKindle版

ツイートする