ザ・ワールド・イズ・マイン 10 (ヤングサンデーコミックス)

  • 68人登録
  • 3.69評価
    • (5)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 新井英樹
  • 小学館 (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091521507

ザ・ワールド・イズ・マイン 10 (ヤングサンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画作品の登場人物に対して本気で殺意が湧いたのは初めて。

    この漫画を読んでいると自分自身の常識、倫理観を揺さぶられるような感覚がして怖い。まるで嵐のよう。読んでいるだけで気持ちの全てが巻き込まれてしまう。

    そして読み進めるのが本当に辛くなるときがある。なぜトシの母親は死なねばならなかったのか。潤子はなぜあんな目にあっているのか。わからない。

    災害のようなトシモンと災害そのもののヒグマドン。物語はどんな結末を迎えるんだろうか。

  • 最高

  • ・「今…ホッとしたやろ。お前のせいで傷つくんは、潤子ちゃんだけ。同等の不幸背負ったつもりでホッとしたはずや。自分の親が死んでホッとするてどんな了見や。」トシ

全3件中 1 - 3件を表示

新井英樹の作品

ザ・ワールド・イズ・マイン 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ザ・ワールド・イズ・マイン 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・ワールド・イズ・マイン 10 (ヤングサンデーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする