鉄腕バーディー 10 (ヤングサンデーコミックス)

  • 264人登録
  • 3.52評価
    • (8)
    • (19)
    • (35)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2005年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091530806

鉄腕バーディー 10 (ヤングサンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  地球に近づいてくる連邦の宇宙船。地球人にその存在がしれてもかまわないようです。神祇官なる者が乗っています。

     ゴメスの会社を突き止めて談判に行くバーディー、そのころ千明を匿うゴメス宅に、スピリッツの製造元・氷川の手の者の跳ねっ返り、リーが襲撃を企てます。ゴメス宅は「人形」が守っていますが、獣人たちの数が多い。駆けつけるバーディーとゴメス。千明を守るというゴメスをバーディーは論駁できませんし、ゴメスの奧さんも娘もいい人そうです。

     氷川は第二次大戦の亡霊と会話しています。若く見えますが、実はスピリッツで若返っているだけで高齢なのかもしれません。いやいやオキナガではありまへんな、これは『白暮のクロニクル』ではないので。しかし『白クロ』の発想元はこの辺にあったのかも。

     氷川の獣人部隊もリーを差し置いても人材が揃ってきたようです。
     相変わらず直情的なバーディー、氷川の会社、氷川ケミストリーに殴り込みです。

     おまけマンガは「廃棄物13号」。いやいや、『パトレーバー』でもないですって。

  • 表紙絵を見て、バーディーが”猫目”だってことに気付いた(遅)。そうか、やっぱり猫だったか(変な納得?)。

  • '06-6-17読了

全3件中 1 - 3件を表示

鉄腕バーディー 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鉄腕バーディー 10 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

鉄腕バーディー 10 (ヤングサンデーコミックス)のKindle版

ツイートする