薄花少女 4 (サンデーGXコミックス)

  • 28人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三浦靖冬
  • 小学館 (2016年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091574688

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薄花少女 4 (サンデーGXコミックス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

薄花少女 4 (サンデーGXコミックス)の作品紹介

雪の下ふたりだけでそっと眠っているような

見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。
しかし、中身は御年数えで八十歳の“ハッカばあや”。
ひとり暮らしのぼっちゃまのお世話をするため、不思議な薬で体だけ少女になりました。
少女(ばあや)と青年(ぼっちゃま)、ふたりの年の差の同居生活は、のんびりと時を重ねます。

お正月に年賀状。ヤキモチをやかないで…「はじまりの日に」
節分の豆まきで心の鬼を払いましょう…「おにはそと」
ホワイトデーには、ぼっちゃまからのお返しを…「プレゼント」
間違って梅酒を飲んだら酔っ払い?…「梅雨酔い」
ぼっちゃまのお世話はハッカにお任せください…「いつもどおり」
夏と花火と夜の夢。夏風邪は遠い日の思い出と…「夏宿」

お正月から真夏の夜まで、全6編を収録。

薄花少女 4 (サンデーGXコミックス)はこんなマンガです

薄花少女 4 (サンデーGXコミックス)のKindle版

ツイートする