双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)

  • 345人登録
  • 3.86評価
    • (69)
    • (33)
    • (94)
    • (1)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 西炯子
  • 小学館 (2004年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091670335

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 再読。「ひらひらひゅ〜ん(4)」を読んで、無性に読み返したくなった。
    かなり重いシリアスなテーマ(トランスジェンダー)だけど、コミカルさとのバランスが絶妙。
    清雅の本心の吐露に胸が締め付けられる。
    刈川さんの存在がいい。

  •  西さんは好きな漫画家さんの一人。
     これはねーものすごく素直にいいなーと思う。こんなん恋愛と友情どうですかって人に勧めたくなる。性別って何ですかって人に聞きたくなる。

  • 性同一性障害の青年?とその弟、その二人の許されぬ近親同性愛、そして、彼らの後押し役を偶々担うこととなった女との奇妙な三角関係。感性で読むべきのだろうが、だからこそ、読み取れない自分がいるのを感じざるを得ない。夫々悩みが悩みとして腑に落ちないのだ…。

  • 自分のセクシュアリティに悩む男子高生と、秘密を共有する同級生の物語。
    セクシュアリティに悩む当事者が理解者を簡単に得ることは難しい(特にこの年頃は)からこそ、希望が持てるハッピーエンドが嬉しい。

  • 私もメガネ男子とギョーザ食いたい!刈川さんかわいい

  • キャラが立ってて面白かった。特に自分の中の「女の子」に悩む清雅君と、彼を自然に受け入れる刈川さん。すっごくいいバランスのふたりで和みました(*^▽^*)。内容的にも清雅君の女の子への憧れと、あと一つ難関な問題があったりして、1冊という巻数ながらすっごく楽しめましたo(*^▽^*)o

  • うーん。さすがに近親はダメだわ。
    刈川さんは全篇素敵だけど。

    ベス○電機のニュースを見るたび思い出す。

  • 禁断要素ありありなのに美しいおはなし

  • 双子座の女というタイトルだが、双子座の双子が中心かな?主人公の着ている服がかわいい。

  • 毎回西さんの漫画では1コマでこの人の描くお話は素敵だと思わされる。
    「どんどんきれいになっていく・・・」 
    切ない。
    そしてこの刈川さんいい性格してる。

  • 感想その1:
     刈川さん、カッコイイ。惚れそう。

    感想その2:
     西先生ってこういう話も書くんだ、と ちょっとびっくり。
     BL…とは言えないな、もっとずっとまじめな話だけど。

    感想その3:
     組合せが同性でも異性でも、近親相姦ものはげっそりなはずなのに、
     特に嫌悪感を感じなかったのは絵柄のなせるワザか?
     自分としてはこれにもびっくり。

  • 手にとった理由→西炯子だったから。自分がふたご座だったから。

    西炯子とは、「萩原屋」の3巻くらいからのつきあいなので、ずいぶんになります。他にはない独特の個性が好き。

    この作品も、ほんと、独特。
    高校生の双子の兄弟の片割れ(兄)は、心は「女」。そして恋した相手は双子の弟。
    洋裁が得意なクラスメイト・刈川と、兄は「女同士」の友達になって、その2人の関係が、兄を変えてゆく。

    ちょっと、同性愛的な部分がキツかったので(描写がキツいというわけではない)諸手をあげてはオススメできないけれど、面白い話しだとは思う。
    相変わらず、設定を理解するまでに時間かかるし、2度読まなきゃ理解できない難解さも併せて、☆4つ。

  • 2009.夏 刈川さんの台詞は暖かく、力強いです。

  • 刈川さんが主役の話。
    彼女と仲良くなった生徒会長(清雅)は女性の心を持った少年。
    そして双子の弟に恋心をいだいている。って書くと重いテーマだけど、重く感じさせないのがさすが。

    刈川さんカッコいいなあー。
    高校生(このお話の中ではまだ中学生?)とは思えない落ち着きと包容力。姐さん!って感じだわ。
    最初清雅が玉ちゃんとかぶってて、「ん?」と
    とまどったけど、ちゃんと男の子だって認識してからは俄然面白くなった。
    二人がぎこちなくもだんだんまるで女同士のようになっていくのが良かったな。
    私も刈川さんみたいな親友欲しい。

  • STAYリバース双子座の女 (フラワーコミックス)

  • STAYシリーズでTOP1、2を争うくらい好き。たぶんシリーズ中一番繰り返し読んだ。

  • 兄弟の特別な愛情と、刈川さんとお兄さんの交流が二本柱。お兄さんに対して付かず離れずな刈川さんの温かい接し方が心から嬉しくなる。

  • 刈川さんはすごいな。

  • このぐらいの年頃を描かせたら右に出るものはいないんじゃないんだろうか。

  • 最終的な内容は性同一&双子の弟との近親相姦と結構ハード(性描写がという意味でなしに)ですが、女の子になりたい男の子が洋裁の得意な女の子と同性同士のノリで仲良くお裁縫してるのが可愛いのです。

  • 切ないです。刈川さんてつくづくいい女だ。

  • STAYシリーズのうちの一冊。
    ある双子の「男の子」と、一人の女生徒と、洋裁をめぐる青春物語。

    初めて西さんを知った作品です。
    本誌連載中に(作者もタイトルも知らずに)一話だけぱらっと立ち読み。刈川えりが双子の「兄」・清雅の「秘密」に気づいてしまう回だったのですが、そのとき心に受けた衝撃は忘れられません。
    こんな綺麗で詩的な絵を描ける人がいるのかと驚いたものです。

    それから数ヵ月後、福岡のジュンク堂で、コミックスと巡り会いました。作者もタイトルも覚えてませんでしたが、すぐに分かりました。それくらい、当時の自分には衝撃的な絵だったのです。
    棺桶まで持っていきたいマンガの一つ。

    西さんの他の作品と同じく鹿児島県が舞台なので、九州人は楽しさ倍増かもしれません。

全39件中 1 - 25件を表示

双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)はこんなマンガです

双子座の女―Stayリバース (フラワーコミックス)のKindle版

ツイートする