残酷な神が支配する (1) (PFコミックス)

  • 163人登録
  • 3.70評価
    • (24)
    • (11)
    • (37)
    • (2)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1993年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091721716

残酷な神が支配する (1) (PFコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全17巻を再読。壊れている世界の、未成熟な神たち…。クライマックスが素晴らしいです。

  • この作品に関してだけは低評価。共感できるところがいっこもなかった。読んでいて気分が落ち込んだ。漫画は陳腐でもいいからハッピーエンドとかがいいなぁ。好きな作家さんならなおのこと希望します。

  • 心が痛い。でも涙で心が洗われる気がする。

  • 一度読んだら忘れられない話です。
    ホント精神的な描写凄い上手いです。
    大好きな作品。

  • 面白いんだけどとてもこわいこわいお話。

  • 彼が救われる日は永遠に来ないのかもしれない。でも…。色々と私たちに問いかけてくる考えさせられる作品。

  • よんどかなきゃいけないかなって。
    よんでよかったと思ってる。

  • 全17巻。長編サイコサスペンス。心臓が締め付けられる。辛くて苦しい…読みすすめながら何度も泣き通し。<br>
    養父による性的虐待。息子に依存する弱い母親が枷となって主人公の少年ジェルミの逃げ場を奪う。壊れ行く精神。恐怖と憎悪、止められない殺意が行き着いた先は…<br>
    ここまで重いテーマの漫画を読んだのは初めて。精神衛生上、今辛い事がある人は読まない方が良いです。萩尾先生の作品は最近読み始めたけれど、この作品は芸術の域。心理描写が素晴らしく最後まで一気に読ませられてしまう。正直あまりの重さに読了後は放心します。ラストも安易なハッピーエンドでなく少しの救いを残してくれての納得の終わり方で秀逸。これは名作中の名作でしょう。

  • テーマのシンプルさゆえに、絡み合う奥が深かった。イギリスあたりで映画にしてくれたらいいのに。

  • すごい。色んな意味でも凄い。とかくすごい。

全11件中 1 - 10件を表示

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

残酷な神が支配する (1) (PFコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

残酷な神が支配する (1) (PFコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

残酷な神が支配する (1) (PFコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする