阿房列車 2号 (IKKI COMIX)

  • 94人登録
  • 4.44評価
    • (19)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 小学館 (2010年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091790743

阿房列車 2号 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 原作が淡々とした随筆なのを意識して、作者の画風を残しつつも簡素化したタッチは好みが分かれるところ。

  •  待ってました、2号です。もう原作が読みたくてしかたありません。ところで、p210の「右書き左書き」で百閒先生は、自分の本の表紙は縦書きにする、装丁の関係でそうできないときは右書きにする、ということをおっしゃってますが、この本は右書きにしなくて良かったのでしょうか?

  • 第一弾に続いて、これまたヒマラヤ山系さんと全国各地に列車に乗りに行ったのですが、文章とは違い漫画なので情景がよく分かって面白かったです(原作も面白いと思います)。雪を見に行くつもりが東京も雪が降った後だったり、故郷で友人が子供の姿で描かれたり、とにかく楽しめる内容でした。次版も読みたいです。

  • なんて理想の顔合わせ。顔がゆるむよぅ~

  • 百閒先生とヒマラヤ山系君のコンビが面白すぎるw

  • 内田百閒の『阿房列車』のコミカライズ。百閒先生独特のリズムがそのまま味わえますよ。

  • 内田百閒の「阿房列車」の「まんが版」第2号です。
    まんが版の1号、2号は、原作の第一、第二ではありません。
    漫画版の1号は第一の3分の2くらい、2号はその続きから第二の半分くらいまでとなっています。
    ですから、第三阿房列車に収録されている話まで全て終わるには、漫画版は4冊にはなるでしょう。
    元々原作が、いくつかの話を集めて第一、第二、第三と構成されたものなので、全く問題はありませんけれど。

  • 内田百閒先生の、阿呆列車にはまったのは大学時代のことである。

    訪問した土地で飲むお酒の席を何よりも楽しみに、

    気ままに列車に揺られて日本中を旅する百閒先生。

    連れはいつも決まって「ヒマラヤ山系」である。

    いつもはっきりしなくて、ぼーっとしている彼を茶化す百閒先生の溢れ出す

    ユーモアがこの随筆の一番の醍醐味である。

    文才の手にかかると、山系君の曖昧な態度が目に見えるようだ。

    書かれる側にとっては「痛い」経験だろうが、百閒ファンにとっては彼の存在こそが

    うらやましい限りである。

    雨に濡れればやれ「ドブネズミのようだ」とか、「酷いこといいなさる!」という感じだが、

    どれもひっくるめれば愛情あふれた突っ込みなのだ。

    ・・・そんな阿呆列車(新潮社文庫から1~3が出ています)の漫画が書店にあるのを

    発見したので、思わず手にしてみたら、あのなんとも言えない二人の列車でのやりとり、

    彼の列車や旅へのこだわりがますます具体化して、楽しくなった。

    もちろん、原書ほどの読み応えはないけれど、ファンとしては読んでみて損のない

    漫画であった。百閒先生入門書として(そんなのいらないか)読むのをお勧めする。

    きっと彼のワールドから逃れられない(逃れたくない!)はずである。

    本はカフェ1階に常置してあります。

    珈琲を飲みながら、彼の世界を妄想してみてください。

    (Masami Kobayashi/storyterror cafe)

    --------------------------------------------------------
    下総中山法華経寺境内カフェ 
    http://storyterror.com

  • 岡山で旧友に会ってみんな子供になってしまうところが好き。
    こういう演出がコミック化の醍醐味だと思った。
    (10.04.07)

    2010年3月28日 一乗寺の書店で購入

  • 2010/3/17購入
    2010/3/18読了

全10件中 1 - 10件を表示

阿房列車 2号 (IKKI COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

阿房列車 2号 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

阿房列車 2号 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

阿房列車 2号 (IKKI COMIX)の作品紹介

なんにも用事がない汽車の旅、再び発車。原作は内田百〓(けん)の珠玉の鉄道紀行文。原文(新潮文庫版)だけでセリフを構成、専門家による鉄道監修のもと当時の列車、駅、景色をできる限り再現、など、原作の良さを生かしつつ、一條裕子が大胆に漫画化。

ツイートする