ダーリンは71歳 (コミックス単行本)

  • 157人登録
  • 3.78評価
    • (10)
    • (18)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 西原理恵子
  • 小学館 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091792150

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おおお。71歳。前著が『ダーリンは70歳』だったから、今後は年に1冊ずつ『71歳』『72歳』『73歳』……と巻を重ねていくのですね、うらやましい!

    私普段は映画でも小説でも、恋愛ものを一切見ないタイプの人間なのですが、サイバラ先生と高須院長の本は別腹。

    かたや無頼派の人気ギャグ漫画家、かたや巨額の個人資産を有する大病院の院長。
    キャラ的にはかなり浮世離れしたお二人ですが、酸いも甘いも嚙み分けてこられたオトナの落ち着きと、それとは逆に、日常の些細なことで大ゲンカしたりラブラブしちゃう初々しさのギャップが、本当に素敵。

    本書『71歳』では、高須院長の「手」が印象的に描かれていました。
    全身美容整形を繰り返し、70代とは思えない若々しさを保っている院長も、手だけはおじいさん。でもその手は一生懸命働いてきた人の手で、その手が私は大好きで……みたいな。

    何百万、何千万単位のカネを動かすようなネタを描きつつ、慎ましやかな喜びを忘れない。むしろ、どこまで行っても二人の原点はそこにある。

    今回も泣かされました。りえくまちゃんかわいいです。

  • 熟年カップルもイイね。

  • 前作も良かったけど今回も良い。泣いてしまう。
    西原さん、いくつになってもオトメだなぁ。
    院長の事はもっと胡散臭い人かと思っていたけれど、西原さんのフィルターを通して見たら規格外だけどすごい人だと思う。本当に。
    自分も50になった時、こういう関係が築けるだろうか。耕しているだろうかと自問自答する。

  • 高須クリニックの院長と漫画家の西原理恵子さんの年配カップルの恋愛模様。ギャグ満載だが時折見せる西原さんの乙女心が切なく可愛らしい。買い物はゆっくり2人で楽しみたいのに、面倒臭いと高須先生は大人買いして買い物タイム終わらせちゃう。だけど最後は仲直り。ずっとこのままでいつほしいカップルだな。

  • すごく面白かった( ¨̮ )ギャグに見せてるけど西原さんの淋しさや不安が伝わってきて、なんか切ない。
    恋だなぁ。

  • ダーリンは70歳の第二弾!ダーリンは71歳。
    一作目よりは抱腹絶倒加減は薄れたのだが、高須克也のすごさは変わらない。
    震災で援助をしているのを、世間のひねくれ者は『高須克也売名行為だろ。信用できない。』というツイートに『私は私財をばら撒いているだけ。信用なんていらない』と、サクッと反撃するところ、素敵です。杉様くらいに素敵です。
    西原さんのお金に目がくらまないところも素敵です(ん?でもはした金には目がくらむのか???)
    ポケモンGOをヘリコプターでやっちゃうところとか、ホテル暮らしのクリーニング代がユニクロのパジャマ代金より高いとか、いろいろ知れて面白かった。
    71歳と51歳の恋ははたから見ていて可笑しいのでしょうねと、西原理恵子は言っている。
    確かに可笑しい。
    でも、私もそういう風になりたい(夫婦だけどね)。

  • 西原さんの物語は、映画や作品で大体把握。。。
    ドクター高須は、TVからの露出の範囲だった。
    漫画のエッセイというジャンルのこの本。
    一見ハチャメチャに見えるが、それぞれに何冊もの本がかけようと
    いうくらいの歴史を持つ二人の71歳51歳カップル。
    それぞれに自立してる二人なだけに、互いの存在の愛し方が深い!
    笑ってほろり、、、のいい味ある一冊。

  • ノロケが加速。「毎日かあさん」の次の連載は「毎日かっちゃん」でいいんじゃないか。
    今回のツボは「学会が作ったディズニーランド」。

  • 姉に70歳と71歳と両方借りました。
    うん、面白い。いくつになっても男女の仲ってのは同じような事でケンカしたり仲直りしたりするんだなぁ~

    ダメ男スキーな感じの西原さんがようやく、ようやくダメ男から卒業した感じが感慨深いというか。コネタが面白いですね~ 指輪買ってあげるから両手にすれば、とか(笑)高須先生の奥さん、よく連れ添ったもんだなぁ(笑)
    まあでも元々足るを知る人はそれほど物に執着しないのかもしれない。西原さんは…おカネに関しては相変わらずなんだなぁ。それだけ苦労したって事なんだと思うけど。

  • 尿漏ればかりなのが気になる。
    とがったところが西原さんの魅力だったが、なんだか無理してとがらせている印象。いっそ毎日かあさん的な方に寄せきるのもありなんじゃないか、とも思った。

全18件中 1 - 10件を表示

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)の作品紹介

世界最強のバカップルなんです!

美容整形業界にとどまらず、今や全国的な人気者の高須克弥院長・71歳。そしてコミック界の最終兵器・西原理恵子・51歳。合計122歳のバカップルが、今回も世界中で大騒ぎです。感涙の描き下ろしマンガ「りえくまちゃんとぼく」シリーズの新作も載っています。恋って大変!

【編集担当からのおすすめ情報】
今や世界中が注目するバカップル、サイバラ&高須克弥院長。合計122歳になっても、毎日が大騒ぎです。齢を取ることは、きっと楽しい。そう思わせてくれる、ハートウォーミングなエッセイコミックです。「ダーリンは70歳」もご一緒にどうぞ。

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)はこんな本です

ダーリンは71歳 (コミックス単行本)のKindle版

ツイートする