瞳子 (ビッグコミックス)

  • 166人登録
  • 3.74評価
    • (21)
    • (28)
    • (42)
    • (0)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 吉野朔実
  • 小学館 (2001年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091793713

瞳子 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 瞳子という名前のプー太郎してる女性の話。日常が描かれている。人間関係のつながりの弱さ、人間関係の危うさについて認識させられる。人間の関係ってすぐ壊れるなぁ…と思いつつそういう所が案外楽だったり…

  • 心の奥底にどこかひっかかってくる。日常的な話なのに、どこか非日常に見える。第三者の視線がある。

  • 「年齢を重ねると少しずつ人生の謎は解けてきますが、だからといって不安が無くなるわけではないし、情緒が安定するわけでもありません。」
    「今日は昨日の続きじゃない、だから、明日も今日の続きじゃない」

  • 学生時代、ですからもう10数年以上も前に
    買った本だったと思います。
    先日本棚の整理をしたら出てきて、
    大切にとっておいたものらしくとても状態がいいのです。

    表紙もとても凝っています。
    吉野朔実さんのイラストが淡い色彩で入っていて、
    型押し加工までしてある。綺麗な本。
    買った当初のことを思い出しながら再読しました。


    大学を卒業したものの就職もせず、
    たまにバイトをしながら自宅で暮らす、
    今で言うとニートになるのかしら、女の子のお話です。

    親に甘えて一見のらりくらりと気ままな生活を送りながら、
    その内面は子どもと大人の狭間くらいでゆらゆらと揺れている。
    吉野さんは淡々とした描写のなかに、
    その微妙な心情をじつに細やかに拾っていらっしゃいます。

    自分のなかにもかつて確かにあった感情を
    ほろ苦く思い出しながらまた、大人への階段があるとすれば
    その踊り場あたりで足踏みをしながら
    じっと大人を観察しているその眼差しにどきりともさせられて。

    歳を経て読みかえしてもまた、違った味わいがある。佳作です。
    そんな本だからこそ、大切にとっておいたのでしょうね。

    当時の自分と握手するような気持ちで、
    そっと本棚に戻しました。
    また時間をおいて読み返すのも、おもしろいかもしれません。

  •  

  • 図書館で何気なく借りた、初めて読む漫画家の漫画。全部で6話。「俄か雨」は瞳子と母との話。「お葬式」は瞳子と父との話。この2つの話は思わず泣けた。

  • ずいぶん前にツレが買って、貸してくれた本。あまりに私が気に入っていたので「それあげるよ」と借りたまま私のものになった本。日常の何気ない風景なんだけど、なぜかじんわり心に沁み入る。今でも大切に本棚に閉まってある。たぶんこれからもずっと私の傍に置いておくであろう一冊。

  • じわじわくる。
    淡々と描かれているけれど、時折底なしに深い。

  • 自分に正直に、好きなように生きてる瞳子。
    あまり彼女には共感しないけど、
    森澤や天王寺みたいな友達がいるのはうらやましい。
    森澤母も素敵だ。


  • 母親と何らかの確執のある方にお勧め。

全20件中 1 - 10件を表示

吉野朔実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

瞳子 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

瞳子 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

瞳子 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

瞳子 (ビッグコミックス)はこんな本です

瞳子 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする