最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)

  • 165人登録
  • 3.48評価
    • (11)
    • (9)
    • (41)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 福本伸行
  • 小学館 (2006年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091802064

最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 仲根の依頼を受けてそれを何故か完遂した黒沢。
    それはいいが、そのせいで留置所送りに・・・。
    不起訴故、前科はつかないが逮捕歴はついた。
    そんな黒沢に怯える周囲の人間たち。

    噂に尾びれがついて、
    銃に勝つ男などと根拠のない言われよう・・・。
    さらに、「魔王」だの「性悪暴君」だのと恐れられるようになる。
    そんな黒沢がいきなり暴漢に襲われる事件が起きた。
    事件の犯人は黒沢の事をよく思わない職場の人間か。
    それとも・・・。

    結局何だかんだあり、その犯人が判明。
    いつ襲ってくるか分からない暴漢対策に黒沢は色んな事をする。
    いつもユニフォーム姿でバットを持ち歩いたり、変装をしてみたり・・・。
    だけどそんな事は一時しのぎにしか過ぎないと気づいた黒沢はヤツらと対峙する決心をする。

    そのやり方がまた斬新!
    かつ笑える!
    だけどすごいな~と思った。
    国家権力など頼らずに自分で知恵を出して何とかするところが・・・。
    普段は勘違いな行動ばかりやってるのに、どうして土壇場になるとこういう知恵が出るんだか・・・。
    ある意味、そういう黒沢のバカさ加減や世間の常識ではかり知れない部分に惹かれてゆく人間も出来てきた。
    今回も黒沢の計画に協力してくれる職場の仲間がいる。
    損得のない行動って、人の心を動かす力があるよな~とこれを見て思った。

  • 不良たちを知恵を使って退治。

  • 書名 [最強伝説 黒沢]?〜?巻(完)
    著者 [福本伸行]
    出版社 [小学館]
    定価 [530円]

    コメント・・・
    頭もよくない、学歴もない独身の土木作業員、黒沢が主人公。44歳の誕生日に自分の人生に疑問を感じて生き方を変えようと決意するところから物語が展開。さまざまな修羅場を乗り越えながら、人望を集め、必死に生きていく中年のオヤジの姿を描いた秀作。

    「カイジ」で有名な著者の、BCオリジナルで並行して連載してた作品。
    いわゆる世間では、「底辺な男」の悪戦苦闘が笑え、かつ泣けます。

  • 7巻の情けなさを見事に払拭。
    カタルシスすら感じる。
    おっさん、いじめっこは必見だ。

全5件中 1 - 5件を表示

最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

最強伝説黒沢 8 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする