宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)

  • 145人登録
  • 3.78評価
    • (13)
    • (17)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 星野之宣
  • 小学館 (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091805492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 「人穴」諏訪と出雲の蛇神信仰と甲賀三郎などの人穴伝説 「鬼の来た道」鉄器・金属器を作る物部氏と鬼(もの) 「神在月」出雲の蛇神信仰 今回は「吉田裕子教授」に笑いました。

  • マンションで読む。

  • 『宗像教授』は相変わらず想像力爆走。

    「人穴」。荒尾南遺跡で発掘された弥生土器の古代船線刻画から、ここまで壮大な物語を紡ぎ出すとは驚き。今となっては、登場する堀江元社長風のIT長者が往時(連載時)を偲ばせる。

    「鬼の来た道」。鬼の起源を、物部氏の末裔たる異形の製鉄集団に求める。鉄器文化の伝来をライフワークとする宗像教授らしい解釈である。但し、鬼のルーツについては諸説あり俄かに判じ難いので、今後の課題としたい。

    「神在月」。縄文以来の蛇信仰や弥生以降の銅鐸・銅剣祭祀など、古き神々の中心地だった出雲。その出雲が大和朝廷に征服され古き神々が封印されていく過程を探るわけだが、キリスト教が異教の神を「悪魔」に仕立て上げた過程とも重なり興味深い。

    因みに、蛇信仰についての記述から考えて、忌部神奈の先生である「吉田裕子」は『蛇』などの著作で知られる「吉野裕子」のことだと推測される。ご登場されるお偉い先生方のモデルについても、考えてみれば楽しいかも。

  • 人穴/『ビッグコミック』 2005年5月25日号、6月10日号、6月25日号

    鬼の来た道/『ビッグコミック』 2005年9月10日号、9月25日号、10月10日号

    神在月/『ビッグコミック』 2005年10月25日号、11月10日号、11月25日号

  • 裏表紙
    邪神信仰と地底に眠る古代船、鬼の起源を探る危険な調査、聖地・出雲大社にまつわる新解釈-
    世界各地で語り継がれてきた伝説や神話、古来から受け継がれてきた風習等には、何らかの歴史的事実が秘められている。
    東亜文化大学教授・宗像伝奇が閉ざされし歴史の真実の扉を開く。

  • 出たー古代出雲大社。超燃える。

  • 一生懸命読まないとついていけない真面目なマンガです。神話などは、あまり私の興味あるテーマではなかったので眠くなってしまった。

全7件中 1 - 7件を表示

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする