美味しんぼ (6) (ビッグコミックス)

  • 135人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (6)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 雁屋哲
制作 : 花咲 アキラ 
  • 小学館 (1986年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091807564

美味しんぼ (6) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超能力

  • ・お雑煮は、地方によって具が違う。本物の蒲鉾は添加剤や化学調味料は使わない。
    ・卵はにおいが移るので専用のフライパンで焼く。
    ・冬の中でも我慢強く、魚や吹きは生きている。山の生気を私に与えてくれる。
    ・ワサビの心を分かるようで嬉しい。ワサビは皮をむいてサメ肌でこすると一番良い。
    ・下等なものと思い込んでいる人は、本物の味を知らない。全ての食べ物には時期(旬)がある。
    ・ワサビは醤油には付けない。
    ・鰹節を作るのに、5年間、昆布は2,3年かかる。
    ・昆布を入れて10分金努めて取り出す。再加熱して鰹節入れる。火を止める鍋に沈み始めたらガーゼ2,3枚を使
    い、こす。
    ・食事に目的意識が必要。18歳と25歳同じメニューは駄目。タンパク質の食べ過ぎは死亡太りになる。分解する
    時アンモニアや尿素が出て、尿の量が増え、大事なミネラルもでる。
    作法で食べた時は箸先があまり汚れない。

  • マンションで読む。この時期は面白いです。絵は荒削りです。ストーリも雑です。でも、魅力があります。

  • お箸の作法。

  • うまそう…実際には食えないものが多いけど。

全6件中 1 - 6件を表示

雁屋哲の作品

美味しんぼ (6) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ (6) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする