美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)

  • 118人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (6)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 雁屋哲
  • 小学館 (1987年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091807595

美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 牛すじの丼はうまそうだったな。

  • ・ハンバーガー。肉とパン、野菜どれもが負けてはいけない。バランスが大切。
    ・佛跳牆はお坊さんが壁を飛び越える位おいしいらしい。
    ・すじ肉は水と日本酒、ショウガと醤油を入れて弱火で2日、更に3日間煮込む。
    ・黒い刺身はカワハギのキモ。
    ・パスタの中に骨髄、子牛の脳みそ、レバーバラなど、色々入れる。
    ・日本は化学調味料を多く使って舌が麻痺している。
    ・肉は落として1週間から10日がイノシン酸の量が最大になる。
    ・おふくろの味はほっとする。

  • 人はある程度自分が精通した分野の構造を見立てにして、新たに直面する問題の解決の糸口を探していくそうです。まさにこれは「食」を見立てにして周りの人生の問題を解決していく話。面白すぎます。お腹が空いた深夜に読み出すと止まらない。古本、少し異臭。

全3件中 1 - 3件を表示

美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)のKindle版

美味しんぼ (9) (ビッグコミックス)の文庫

ツイートする