竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 717人登録
  • 4.04評価
    • (144)
    • (81)
    • (119)
    • (5)
    • (0)
  • 79レビュー
  • 小学館 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091810342

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 松本大洋のマンガで塗り絵したい。
    宗一郎は静脈は透けてなくて白くて所々赤い細かい血管が走ってて冷たくてこりっとした手をしている(筈)

  • 漫画表現のおもしろさや凄さが詰まってる作品。

  • 圧倒的画力だわー。鳥肌たつ。
    シンプルな内容、人に住む狂気。
    太刀の緊張感とほのぼのとするうそっぽいイヌやネコの対比が好き。

  • なんというか、松本大洋、一線越えてるな、と。
    それでいて、きっちりエンターテイメントをやってるんだからもう。

    傾いてるなあ

  • 全巻読んだけど、おもしろかった~!
    水墨画調の絵が好き。

  • これはすごいマンガだ、と驚きました。
    ひとこまひとこまの絵に感じる、徹底したこだわりとセンスのよさ。筆ペンで描かれた世界には、力強さと温かさと繊細さが心地よく同居している。
    なんというか、一般的なマンガの絵とはちょっと違う領域に属しているような。…うーん、見れば見るほどすごいなあ。

    ある日、江戸の長屋に住みついた、キツネ顔の浪人、瀬能宗一郎。
    実は凄腕の剣客なのだが、腰に差しているのは竹光。
    飄々として間の抜けたような不思議な人柄と、その奥に潜む剣客としての禍々しいほどの性(さが)。
    隣家の少年、勘吉との交流を描きつつ、何やら事件に巻き込まれそうな流れで1巻は終わる。
    絵だけじゃなくてストーリーもいい。この絵あっての、この物語であり、この物語だからこその、この絵。

    1冊900円は高いな、と思ったけど、読んでみたら納得。
    それだけ払う価値はあります。(むしろ、おつりがくるくらい。)
    とはいえ、さすがに大人買いは厳しいのでちょっとずつ買いそろえていくことにします。

  • 全8巻。

  • 2015.9.18
    原作付きという事で避けてきたけどなんとなく読んでいる。

  • 松本大洋初の原作物、時代劇。
    原作者は松本大洋のアシスタンスをしていた事もあってか、氏の作風をよく分かっている印象。
    松本大洋が繰り返し描いてきたテーマがこの作品にも流れています。
    闇と光、迫りくる狂気、主人公は人間でいられるのか!?
    漫画表現冴え渡る時代劇、刮目せよ!

  • 5年ぶりぐらいの松本大洋。これまでの作品と雰囲気は似ていると思うけど、絵が個性的で面白い。またこの絵柄だからこそ、成立する会話だったり雰囲気のような気がする。とりあえず近々2巻!

全79件中 1 - 10件を表示

松本大洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
松本 大洋
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)に関連する談話室の質問

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

竹光侍 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする