電波の城 3 (ビッグコミックス)

  • 108人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (9)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 細野不二彦
  • 小学館 (2007年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091810762

電波の城 3 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとなく読み返し中。やっぱ面白い

  • 細野不二彦さんの対談を読みました。「電波の城」に関して、以下のような内訳を述べています。第1に、丁寧な取材をおこなっているわけではない。当然、アナウンサーへの取材をおこなっているが、詳細な取材ではなく、想像力で補っている。各キー局のアナウンサーには、1名ずつインタビュー、報道現場へ見学しているが、本格的な取材ではないそうです。テレビ局の内幕に詳しいアドバイザーが付いているわけではないようです。第2に、テレビは好きだが、どのような権力構造により運営されているのかが分からない。その権力構造が知りたいと指摘している。それが、きっかけである。僕も、その権力構造を知りたい。多分、誰もが思う疑問です。第3に、二人の主人公は、「白い巨塔」の財前と里見を模しているそうです。第4に、BS、地方FMという周辺から始めたのは、読者に感情移入させるため、そして、作者にテレビ局に対する十分な知識がないことに由来する。対談相手と議論は噛み合っていなかった気がします。対談相手は、「視聴率優先主義」、「利益優先主義」に対する批判一辺倒でした。「電波の城」は、「視聴率優先主義」、「利益優先主義」がテーマではありません。

  • だんだんと衛星放送が見たくなるようになった。
    都会ならラジオも聴きたいところだ

全3件中 1 - 3件を表示

細野不二彦の作品

電波の城 3 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電波の城 3 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

電波の城 3 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする