新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)

  • 571人登録
  • 3.52評価
    • (38)
    • (59)
    • (127)
    • (9)
    • (2)
  • 60レビュー
著者 : 佐藤秀峰
  • 小学館 (2007年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091811899

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずの切れ味。新しいことが知れて勉強にはなるが、救いはない。

  • やっぱり、このシリーズは㋜㋙”㋑!

  • 泌尿器科で研修医としての仕事をすることになった斉藤は、ある日偶然、ナースの赤城が病院で人工透析を受けていることを知ります。一方皆川さんは、NICUから脳外科へ異動になり、そのことに悩みますが、斉藤の心は赤城の病気のことに向けられてしまっており、そのために皆川さんとの関係に齟齬が生じるようになります。

    新シリーズも相変わらず重いテーマから始まりましたが、どういう展開になるのでしょうか。さすがに斉藤がドナーになるという結末はストーリーに説得力を持たせることが困難だとすると、ある程度選択肢が絞られてくるように思うのですが。

  • 透析ってそんなシステムやったんか・・・

  • 主人公の自己中について行けない

  • 4〜5

  • 赤城さんが腎不全と糖尿病を患っていることが発覚!泌尿器科に回された斎藤先生は移植のことを考える。皆川ちゃんとの仲はどうなる?

  • 斉藤の研修はまだ続いていた。泌尿器科に移った斉藤は、赤城が人工透析にかかっている事実を知り、腎臓移植の可能性を探る。これまでの重さから、やや肩の力を抜いた展開かと思いきや、やっぱり重いテーマが続く。

  • 前に読んだことあるかな…?

  • 腎臓移植に関しての話し。

    赤城さんが前シリーズでずっと病気を隠していた事に驚いた。
    透析って何時間かやったら、一旦は楽になる物ではなく、しばらくフラフラになって動けなくなるものなんだ。

    赤城さんの言葉
    「普通になりたい」
    というのが、すごく重く響いた。

全60件中 1 - 10件を表示

佐藤秀峰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする