あずみ 41 (ビッグコミックス)

  • 71人登録
  • 3.67評価
    • (6)
    • (2)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小山ゆう
  • 小学館 (2007年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091812001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あずみ 41 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 国千代を連れ帰り、かつ武信の父の切腹により、武信の領地も取り潰しを免れた。使命を果たしたあずみは再び天海の元に戻る。この功により、国千代の母・お江与に気に入られたあずみは尼寺への招待を受けた。千代蔵と共に寺に向かうあずみだったが、そこには柳生宗矩と京極が結託して放った刺客が待ち受けていた。

    ネタバレですが、千代蔵が殺されてしまいます。最期のシーンはよかった。死んで欲しくないキャラだったので残念ですけど、「あずみを守って死んだ」というのが心に残るキャラでした。

  • 連載期間14年にも及んだ小山先生の大作。物語をどう終わらせるのかずっと気がかりだったけれども、第1部を終え、舞台を幕末に代えてしまったのに震えた。個人的には静音・忠音が出てくる雪国編あたりまでが何度も読み返したのでよく覚えている。登場してすぐ自爆した飛猿が、その後こんなに主要人物になるとは思わなかった。

    それにしても、小山先生の描く人物は、悪人と善人の顔の描きかたの違いが凄まじい(意識的にそうしている、と「お~い竜馬!」連載後の武田鉄矢との対談で言っていた)。

全2件中 1 - 2件を表示

あずみ 41 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あずみ 41 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あずみ 41 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

あずみ 41 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする