21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)

  • 1211人登録
  • 3.58評価
    • (86)
    • (89)
    • (234)
    • (5)
    • (6)
  • 65レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2007年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091812162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「20世紀少年」シリーズの続編。

    幼い頃、ジジババの店で犯した罪が“ともだち”を凶行へ向かわせた理由だったことを知ったケンヂは、“ともだち”ランドのヴァーチャル・アトラクションに入り込み、“ともだち”が仕掛けた最後の罠である「反陽子ばくだん」の手がかりを得ようとします。

    ヴァーチャル・アトラクションの世界には、現実の世界で命を失った万丈目がおり、コピーのコピーが世界をつかむという彼の言葉が、フクベエのコピーであるサダキヨの、そのまたコピーとなった“ともだち”を動かしていたことを知ります。

    一方カンナは、“ともだち”の暴走を止めようとしてケガを追ったサダキヨの看病に当たっていました。ところが、そんな彼女たちのもとに、「反陽子ばくだん」についての情報をサダキヨから聞き出すため、“ともだち”なき後の日本の治安管理に当たっている国連軍総司令部がやってきます。カンナはサダキヨから、「反陽子ばくだん」のリモコンの隠し場所が秘密基地だということを伝えられ、その場所へ向かいます。

    ヴァーチャル・アトラクションの世界で子どもたちにお化け扱いされている万丈目がちょっと可哀想です。

  • 結局“ともだち”は誰だったのか。原っぱのメンバー集まって決戦前夜。

  • 俺はおまえが思うような人間じゃない

  • う~ん微妙だなぁ・・・。こだわり過ぎなのか、シンプルな面白さが作品から無くなってしまった印象がある。でも文句言ってる時ほど最後だけ良かったりするから次さっと読んじゃう!

  • 宇宙特捜隊のバッヂがすべての人生を狂わせた。現実世界とバーチャルな世界、そしてケンヂ達の回想を織り交ぜてこの物語が終息へ向かっていく。フクベエの顔をしたフクベエではない〝ともだち〟。まだ上巻では、ケンヂも、正体は思い出していない……現実世界に帰れない万丈目が可哀想になってきた。

  • 上下巻。

  • ともだちの死後の世界。
    ヴァーチャル・アトラクションの中でケンヂが体験する幼き日の真実。
     
    アトラクション内でさまよう万丈目の亡霊。
    よげんしょの最後に書かれた反陽子爆弾のありか。 

    この内容なら、23巻でも良かったのにな・・・

  • 一度完結した上で答えを明らかにするというこのパターンは目からうろこです。

  • 全2巻(上下) 完結

  • 726.1 ウ (上) 登録番号8692
    N先生寄贈

全65件中 1 - 10件を表示

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 “ともだち”の死 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする