美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)

  • 108人登録
  • 3.35評価
    • (1)
    • (6)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 雁屋哲
  • 小学館 (1988年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091814067

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ソーセージ…
    山岡の「カキフライだあっ!」のコマ最高

  • ・本物のソーセージ:抗生物質が入っていない飼料で育てられた豚のみ使用したものを薫製したもの。
    良く出来た小籠包みたい。
    ・本物のビールは麦とホップのみを使ったもの。(恵比寿麦酒)
    ・発色剤、結着剤を使わない。塩分の濃度の実で調整する。
    ・その技術には長じたけれども、そこから先には一歩も出られない。素人のいうことをバカにしている。
    ・お米は温かい所に保存しない。傷む。
    ・生かきには日本酒。ワインは生臭くなる。天狗舞山廃純米吟醸の生酒は最高の酒。
    ・かんとだきは関西のおでんのこと。
    ・コメは、精米し過ぎない。湿度70%の所で保存する。
    ・鳥は不味い野菜(農薬で育ったもの)は食べない。人間だけが食べる。
    ・素材の味を生かす。相手の心をいかに楽しませるか喜ばせるかが料理。
    ・更に相性の良いもので引き出す。
    ・鬼ぐるみは中がぎっしりのクルミ。
    ・カブ、くるみ、山ブドウ

  • ほぼ全巻あるので、時々ランダムに読みます。「食」を考えることはとても大事なことだし、ちょっと偏り気味の感はあれど、政治的な見解も悪くはない。ただ、私は・・・登場人物があまりに品がないことにいつも不快感が残るのは事実。

  • 家族が買ったものなので何巻が飛びながら見てます。
    食物の勉強が出来ました。みんなも見た方が良いと思います。食べ物だけでなく政治的にも良い。
    山岡さんの性格が何かかわいかった。

全4件中 1 - 4件を表示

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)の文庫

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする