ヴァージンハウス 1 (ビッグコミックス)

  • 24人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 花津ハナヨ
  • 小学館 (2007年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091814302

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴァージンハウス 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • リストラ純潔3人娘のシェアハウスストーリー。
    メイク美人も特徴ある。

  • 女三人がシェアハウス。
    するには理由と共通点が必要なわけで、
    彼女たちの場合は「同じ会社をリストラ」と「処女」なわけだけど。

    そこからのキャラの広がりが面白い。
    リストラされたのは同じでも、それぞれ、
    正社員、派遣事務、受付と三者三様に違うし、
    きちんとそれぞれビジョンを持って生きている(主人公以外)

    女でこんなダメな主人公は個人的に全然好きじゃないけど
    (男ならまだ許せる気がするけど)
    他の二人がわかりやすくキャラ立ちしているし、
    それぞれの論理を持っているので楽しく読めました。

  • 花津 ハナヨさんにハマりました!
    この人の話「なかよし」の頃からリアルタイムに読んでいたので気になって買った。まんまとハマる。昔読んだときは子供だったから話に付いて行けなかったけど〜〜〜

  • 会社を同時にリストラされた見ず知らずの3人──ユキ、藍子、すみれ。それぞれの人生再出発を誓い、一軒家で共同生活を送ることになった彼女たち。まったく違う生き方、まったく違う考え方の3人だが、唯一の”共通点”はなんと…!?

全4件中 1 - 4件を表示

ヴァージンハウス 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ヴァージンハウス 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする