ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)

  • 291人登録
  • 3.88評価
    • (52)
    • (27)
    • (65)
    • (2)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 窪之内英策
  • 小学館 (1988年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816511

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツルモク家具に入社し独身寮に入寮した宮川正太は、先輩の田畑や杉本と同じ部屋になる。寮内を案内された後、屋上に出ると女子寮が丸見えだった。そして、正太は着替えていた女子、姫野みゆきと目が合ってしまうのだった。

  • 兄の影響で読んだまむがw
    これ最高!!
    あ~また読みたい。あの家具屋で働きたいなあ。

  • 『人生で最も読んだ漫画は?』との質問にはまずこれを紹介する、というくらい読んだ漫画。人生トータルで50回は読み返してるんじゃないだろうか?

    『「ツルモク家具」の新入社員である宮川正太と正太が住む独身寮の住人たちとの人間模様を描いたラブコメ』(wikipedia⇒http://bit.ly/bC1xoT)と説明するのは簡単だけど、ホント人間模様が面白すぎる。各登場人物のキャラクターがしっかりと立っていて、それぞれが織り成す物語はまさに秀逸という感じです。

    漫画に出てくるセンスや音楽が『今』とはだいぶズレてはいるけれど、そんな事は関係なしに楽しめます。連載開始(1988年)当時5歳だったボクが今でも楽しめるくらいだから、その頃が全盛期だった人たちなら更に深く読めるのかもしれません。

    とりあえず一度は読む価値あり。というか、この漫画が『嫌い』という人は、残念ながらきっとボクとは価値観が合わないと思いますw

  •  

  • これははまった。

  • 全巻
    面白いんだけど、主人公に全く魅力が無いのが残念。

  • 永遠の青春のバイブル。めぞん一刻とともに、ラブコメを確立した金字塔。まだ読んでいない人が羨まし過ぎる(笑)

    もちろん白鳥沢レイコもいいんだけど、たばたけが好きだったなぁ。

    ともみと別れるシーンは胸が裂かれる想いでした。大人になるって切ないな〜(泣)

  • 中学生の頃すごい流行った
    みゆき派かともみ派か友達の中で論議しあったりw
    バブル時代を反映してる
    絵も上手で好感を持てるキャラクターたちの青春ストーリー

  • 真面目な2冊の最後に漫画を紹介します。この漫画は、ビックコミックスピリッツという男性誌で連載されていた漫画で、これまた20年ぐらい前の漫画になります。ジャニーズ(当時)の前田耕陽が主人公で映画化されましたが、若い人は知らない人も多いと思います。漫画のストーリーとしては、主人公は、家具を作る会社の新入社員、そこで出会った先輩や仲間とドタバタあり、喧嘩あり、恋愛ありというラブコメ漫画です。

    とにかく絵が軽快なタッチで、ファッショナブルな人物のクオリティの高さが特徴の漫画で、連載当時、丁度、高校生の時だったので、そこに描かれるファッションに影響されていました。修学旅行の写真を見返すと、さしたるセンスがないのにツルモクに描かれている服装を真似した写真があって赤面している自分がいます。

    この漫画の素敵なところは、仕事に対する、泥臭さを真正面から受け止める姿勢でしょうか。決してエリートではない主人公は、ふらふら悩みながらも、最後はデザイナーとして羽ばたいて行くことになるのですが、そうそう、うまく行かない事の方が多い。そんな中でアドバイスをくれたり、見守ってくれたりする周りの存在がとてもうまく描かれているように思えます。

    僕も新卒で就職した会社は、いわゆる製造業で、機械を作る会社でした。最初は現場の板金の仕事から学びました。板金とは鉄の板を切ったり曲げたり溶接して、箱や金具を作ったりする仕事です。そういう世界からネットの世界に来ました。作り手として職人的意識は高い方だと思っていますが、その入り口にツルモク独身寮があったと思っています。

    また、著者の窪之内先生は、ツイッターをやられていて、モバツイを使ってツイートされているのを、ずっとフォローしてツイートを見ていました。ある日、お仕事募集のツイートがあったので、モバツイ用のイラストを描いてもらうお願いしてみました。とりあえずお会いしましょう、と、ある駅で待ち合わせて、そのままファミレスに行って、ビールを注文し、自分のネットサービスの話や、英策先生の漫画のお仕事の話をしたりしました。話をしてみると、英策先生もまた直球の方で、漫画に熱い情熱をお持ちの方でした。20代の頃は、成功の影で結構苦労もされたというお話もお聞きしました。直球の人は人生苦労するんですよね。この漫画の作者らしい方でうれしかったです。

    結果、話はうまくまとまりイラストを描いていただきました。色えんぴつで全てを書かれた画像を、当社でスキャニングして現在Webページとして制作中です。

    とちょっと話がそれましたが、最後に、僕のアイデンティティ形成に欠かせない一冊だったツルモク独身寮を推薦させていただきました。

  • コレも高校時代によく読んでた。独身寮ってイイナァと思ってた。田畑さんが退寮するエピソードが泣けるな。

全43件中 1 - 10件を表示

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)のコミック

ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする