家栽の人 (2) (ビッグコミックス)

  • 61人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (3)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 毛利甚八
  • 小学館 (1989年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816726

家栽の人 (2) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桑田さん生理的に受け付けない

  • 「家裁に来るような少年達は人生のスタートで冬を味わっている」

    全編を通して語られる、人間の心の機微。

    桑田判事の人間性に心惹かれる。

  •  家裁、すなわち家庭裁判所では少年犯罪が審理される。この作品は家裁判事である桑田義雄という人物を主人公にして家庭裁判所という舞台に登場するさまざまな少年たちと桑田判事との出会いを綴った作品である。「おっ、題名にある家裁のサイの字がまちがっとるばい。」というご指摘もあろうかと思うが、これでいいのだ。主人公の桑田判事はいつも植物の世話ばかりしている何となくぼーっとした判事である。そして彼の少年の非行に対する取り組みも植物の世話とよく似ている。「育てなければ…毎日愛して、そこから始めませんか」と言う桑田判事の語りかけは家裁は裁くところではなく栽(そだ)てるところだというこの作品の底流に流れている。だから〈栽〉の字でいいのである。
     扱われている素材は少年の非行である。教育の現場(学校やら家庭)が切り捨ててしまった少年少女たちの傷をそのまま受け入れ、自分の力で育っていけるように桑田判事は彼らに接していくのである。
     東京第二弁護士会の山崎司平氏が監修しているので、事例はおおむね実際の事件に基づいているのかもしれない。それだけのリアリティがあるし、法律的なバックグラウンドも確かである。きびしい状態に置かれた子どもたちを我々はどう理解しているのか、を具体的な事件を素材に見つめてみることは必要ではないだろうか。特に法律の世界は無視し、教育の理念も省みずに子どもを切り捨てている教育現場の人間にはぜひとも読んでほしい作品である。また、第十三巻から十五巻はあの福岡でおきた生き埋め体罰事件をモチーフとして描かれている。全十五巻のうち三巻を費やして語らなければならないほど、あの事件は桑田判事にとっても重たい事件であったのだろう。それに対して福岡の教員は答えを出したのだろうか。三越三郎というどこかで聞いたような名前の博多弁をしゃべる弁護士も登場する。さあ、あなたも姿と名前を変えて出ているかもしれないよ。


    ◎実は荒れている少年たちに読ませたい。
       ★★★★★(これは特上五つ星)

  • 理想。

  • ものすごい温和な裁判官だけど、きっとホントは厳しい人なんだろうと思う。でも、こんな裁判官がホントにいればいいのにと思う。花や植物が好きな心優しい人。

全5件中 1 - 5件を表示

毛利甚八の作品

家栽の人 (2) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家栽の人 (2) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

家栽の人 (2) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする