MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)

  • 1760人登録
  • 4.06評価
    • (472)
    • (179)
    • (378)
    • (11)
    • (3)
  • 274レビュー
著者 : 勝鹿北星
  • 小学館 (1988年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816917

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも名作。元イギリス軍人なのに就職できない考古学者。で、考古学者で生活できないから事件や事故に関する保険の調査員という主人公の物語。世界史(特に近代史)の概観を垣間見れた気がします。

  • おもしろかった!一話一話が読み応えがあって、満足感がハンパないです。考古学や、遺跡に 特に詳しい知識があるわけじゃないけれど、その世界観はとっても好きなので(世界史の授業が好きでした(^-^))。

  • おれの大学の考古学者が元SAS隊員なわけない

  • 全巻
    なんでも武器にしちゃうあたりが面白いけど、それほど無いのが残念。
    忘れた頃に最初から読みたくなる

  • レジェンドな漫画。

  • おもしろい!

  • 人生は勉強。

  • 世界史の苦手な人が読むといい漫画。

  • 1巻ばかりでなく、
    かなり読みつくしたが、UPする元気が出るのには、
    4か月近くかかったか。
    たまたま東北大震災の直前に、
    図書館で何冊か借りてきていた。

    あの震災後、
    交通機関がストップし、どこにも行けず、
    また、停電や余震その他で、
    かなり精神的に不安定になっていた時、
    リビングに積んであったこのシリーズを読んで、
    しばし現実逃避をしていた。

    前から浦沢直樹の作画した漫画は好き。
    (あくまで原作者のいるもの
    →『パイナップルARMY』とか。
    『MONSTER』とか『YAWARA』はあまり好きでない。)
    ストーリーがきちんと練られているし、
    デッサンのしっかりとした絵や資料も秀逸。
    専門的なことどももちりばめられており、
    とても好奇心をくすぐられる。笑

    作者の登場人物に注ぐ愛情を感じる。
    おだやかなキートンのキャラもさることながら、
    父:太平や娘:百合子、
    共同経営者のダニエルなどの周辺を取り巻くキャラも、
    本ストーリーに温かみを注ぐ。

    ただ、『狂った太陽』にチェルノブイリの話が出た時には、
    強烈に現実に引き戻された。

    作画
    ※ 浦沢 直樹(うらさわ なおき)
    1960年1月2日 東京都府中市生まれ。
    明星中学校・高等学校、明星大学人文学部経済学科卒業。
    『YAWARA!』『パイナップルARMY』『MASTERキートン』
    『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』等他。

    原作
    ※ 勝鹿 北星(かつしか ほくせい)本名:菅伸吉(すが しんきち)
    1946年1月3日 - 2004年12月7日千葉県生まれ。
    小樽商科大学卒業。電通に入社。

    ○ 市立図書館所蔵

  • 全18巻。柔ちゃんは全く興味はなかったのだけれど、ビックコミックオリジナルで連載していた「MONSTER」にめちゃめちゃはまって、次号が待ちきれない中、とりあえずのクスリ的に探して手にした漫画です。
    主人公の平賀キートン太一みたいな男が欲しいわけではなくて、
    私はキートン太一になりたい!!!
    全巻◎!!

全274件中 1 - 10件を表示

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする