MASTERキートン (4) (ビッグコミックス)

  • 583人登録
  • 3.72評価
    • (65)
    • (33)
    • (114)
    • (4)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 勝鹿北星
  • 小学館 (1989年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816948

MASTERキートン (4) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 犬ってこんなに賢いんだ…。

  • 娘の百合子ちゃんはしっかりもの。
    キートン先生と奥さんの子なんだなぁ。
    奥さんは一度も出てきたことないな。

  • アニメのオープニング、ここだったのか!というお話と、誘拐の話が印象的。いぬこわい。

  • この巻は聖フランチェスコが動物にも洗礼を施した話など。
    面白いです。

  •  太平さんのセリフに共感。
    「なあ、太一、こうやって人生を無駄遣いするのも…素晴らしいことじゃないか。」
    人生,なにかやり遂げるっていう目標も大切かもしれないけど,たわいのない日常,ささやかな喜びにこそ価値があるんじゃないかな。肩肘張らない,そういうのがいい。

  • 長く暑い日

  • 聖フランチェスコの伝説、知っていますか……彼は鳥や獣にまで“心”を感じ、洗礼を施した。やがては、すべての動物が説教を聞きに集まった……ということです。
    孤独に疲れ果てたライアン師は、放浪の果てにこの地を訪れ、この自然のいたずら……いや、奇跡を見たんですね。

    俺達は一人で生き、一人で死んでゆくが、この一瞬、この場にいる生き物だけは、自分の宇宙を抜け出して……
    同じことを感じている。

    (「喜びの壁」)

  • 本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

    浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

  • 全巻持ってます。

全9件中 1 - 9件を表示

勝鹿北星の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MASTERキートン (4) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする