岳 7 (ビッグコミックス)

  • 650人登録
  • 4.01評価
    • (71)
    • (69)
    • (66)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 石塚真一
  • 小学館 (2008年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091820297

岳 7 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まず新聞紙それからホイル なんたい男体山 登山のあとに温泉につかるというスタイルを覚えた山 アラスカの山で嵐に捕まる 五郎峠 懸垂下降 千葉県船橋市中央卸売市場 吉祥寺 高知 伊豆特急城ヶ崎海岸 ボルダリング ヒマラヤのK2 パトロール隊の阿久津 ムース 楽しい幻覚 ソルトレイク ガラガラヘビ 超クライマーな言葉 まっすぐ直登‼︎ダメなら下山‼︎ 急がば回れ 鉄は熱いうちに打て 悲しい事故が起こるのは山の半分。楽しいことがあるのも山の半分。 登山計画書 ジェニーレイク 平山ユージ 植村直己 千曲川 筑波山 高田渡 ジョン・コルトレーン 彼らは知ってる。山で飲むコーヒーの旨さを。山で経験した様々な想いがブレンドされたその味を。

  • 天候のため、発見から3日後にようやく遭難者の遺体を回収できた山岳救助隊。発見した三歩はその間、テントも持たずに遺体に寄り添い、ヘリを待っていた。遭難者の父親は「3日も山に放置した」と山岳救助隊をなじるが、野田は三歩のことは言わず、ただ謝罪した。翌日、風邪を引いた三歩を見舞った久美は…!?(Amazon紹介より)

  • 星3.5。1巻から3巻よりちょっと落ちるかな。でもいい話もある。

  • バラエティに富んでいた。
    山男三歩の名言、でました!

  • 古本屋さんで。山男化計画の教科書、7巻目。今回もナオタはエエ子じゃった。恋の話もあったし若干やわらかめ。

  • 島崎三歩が活躍する山岳マンガ。
    とても良いです。

  • 高所恐怖症の隊員阿久津さん登場。これからどんな風に成長するのかな?

  • 7巻

  • 山すげー。でけぇー。
    もうこれしか言うてねー(笑)

  • 第7巻は「阿久津」という県警救助隊員が主要人物です。
    彼の成長が今後見ものですね!恋愛の行方も・・・。

    どの話も感動的で素敵なのですが、少しマイナーかもしれませんが、「第7歩- 頑張れる時 -」が実に深くてイイです!
    命がけで頑張って救助に向かっても報われない時は、誰でもガッカリするが当たり前です。それでも「良かった!」と思える三歩は本当にエライです。

全27件中 1 - 10件を表示

石塚真一の作品

岳 7 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岳 7 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

岳 7 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする