美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)

  • 105人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 雁屋哲
  • 小学館 (1990年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091820389

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沖縄のことが、たくさん書かれていて、とても良かった。。

  • ベーコン。
    ふーむ。ベーコンに夢中になる老人。
    肉食系老人。
    ゆう子のおばあちゃんも 魅力的なんでしょうね。
    豚肉のあばら肉から アブラの飛ばし方、
    香の付け方。くん製技術なんですね。

    沖縄長寿。
    今の状況でいえば、沖縄が 長寿国でなくなっている。
    なぜ、そうなったかの方が 重要だが。
    医食同源の食生活が 沖縄の中に深く根ざしていたが、
    一気に ファーストフード旋風に巻き込まれる。
    それほど、脆弱な食生活だったのだ。

    海原雄山は 貝柱、クコ、朝鮮人参の烏骨鶏スープ。
    フカヒレ スッポン鍋。
    豆苗の炒めもの。ニンニクの芽の炒めもの。
    ニョクマムとナンプラーとよばれる魚醤と中国納豆(トーチのことかな)
    栗のはいった玄米ご飯。(無農薬を強調)圧力鍋。
    ツバメの巣、氷砂糖を蒸して 冷やす。
    ツバメの巣は 海藻が材料で、ヨード、カルシウムが豊富。
    →唐山が 『贅沢な料理』と指摘する。
    確かに、雄山の料理は こんな風ではなく
    どちらかと言えば 山岡の料理に近いような気もする。
    立ち場が 入れ違っているような。

    唐山は粗食が 高僧の長寿になっているのではというが。
    長生き料理と言うものが 意味があるのかと問う。
    山岡は 素食を提案する。

    沖縄 惣菜料理。
    足てびち コンドロイチン
    ミミガー クルミ キュウリ カルシウム
    ワカメ ワケギ アオヤギのヌタ。セレン。エイコサペンタエン酸。
    アルギン酸はコレステロールの抑制。
    コンブの細切りとダイズの煮付け。
    カボチャ、ニンニクの薄切り バター焼き。
    赤ピーマンとトウガラシの葉をニョクマムで。
    ゆでエダマメをだし汁にしたしたもの。
    小アジ 唐揚げとタマネギスライス。
    イカの墨汁。タウリン酸。
    白身さかなのグラタン。
    三練り。オクラ、納豆、山芋。ペクチン。
    サツマイモ 炊き込み粥。
    締めとして ゴーヤチャンプル。

    ゴーヤが簡単に 変化してしまうなんて、
    やっぱり 窒素過剰なんだよ。

    ふーむ。まぁ。沖縄料理の再現ですね。

  • 長寿食、枝豆の出汁漬け

    バブルの頃のお話しは、愚かだけれど面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

雁屋哲の作品

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

美味しんぼ (28) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする