おくりびと (ビッグコミックススペシャル)

  • 87人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (7)
    • (19)
    • (1)
    • (2)
  • 15レビュー
  • 小学館 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091821973

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 決して巧いとは言えない絵だが、それが逆に田舎のイメージを膨らませるし、話にも合っているためスムーズに話に入り込めた。
    花形ではないし、地味な仕事の納棺師。でも死は全ての人に平等に訪れるし、誰しもが世話になる。キツイ仕事だけど、なくてはならない。そんな世界に少し触れ合えて、心がじんわり暖かくなった。

  • 絵があんまりかわいくない。映画を先に見たから、広末涼子のイメージで読んだから物足りなかった。全体的に映画のほうがよかったかも。セリフも読みづらいし。

  • 2012年9月24日読了。もっくん主演の映画のマンガ化。オーケストラでのチェロ奏者の職を失った大悟は故郷の庄内平野に戻り、知らずに応募した求人広告から納棺師の仕事を始めることになるが・・・。読む前はマンガが先だと思いこんでいたので「へー、映画は原作に忠実に作っていたのね」と思ってしまった。鉛筆画のような繊細な絵柄、淡々とした進行がチェロの響きのようにやさしく心に残る。すばらしい仕事ではあると思うが、納棺師とはあまり積極的にやりたい仕事ではないねえ・・・。

  • 映画は未読。
    元音楽家が納棺師として頑張っていく姿を山形と絡めて描く。

  • 原作を読み、映画を観た作品ですが、コミック版もあると知ったので、そちらも読んでみました。
    はじめは絵が、自分の持っていたイメージに合わず、なかなか読み進められませんでしたが、そのうちに、雪国地方の厳しさ、人々の武骨さが表されている、不器用ながらも暖かい絵が、だんだんしっくり合うように思えてきました。

    既に知っている話でも、取りこぼしていた情報があることに気づきます。
    腐敗遺体を前にする時には、鼻にメンソールを塗るということも知りました。
    コミック版では妻はピアノの先生をしていますが、映画ではピアノは出てきたかしら?
    覚えがありません。

    ミュージシャンは人一倍感受性が強く、繊細な心を持っているだけに、むごい死体に対峙する仕事なんて、とても神経がもたないのではないかとも思いますが、その険しさをクリアした彼は、演奏家だからこそ出来る、音楽を奏でるような優しさで、死への送りだしをしようと思えるようになっていきます。
    それまでの自分を脱皮する、人の努力の美しさ。
    さらに生と死の尊さと崇高な音楽が組み合わさることの穏やかさ。

    こわばっている死に顔を、ほぐしてあげて、化粧をしてあげると、穏やかな顔に変わるという感動的なシーンは、コミックならではの視覚効果。
    各話の初めの表紙は、主人公が雪面や川沿いや銭湯でチェロを構えている絵になっていますが、楽器を持つ身としては(そんな水気の多いところで楽器を弾いたら、湿気がー!)と気になりました。

    ピアノ教室の教え子たちが、小生意気でかわいいです。
    喧嘩をしていた夫婦が、銭湯の男湯と女湯から、アヴェ・マリアを朗々と合唱して仲直りするシーンがすてきでした。

    そして、やはり感動のピークは、失踪した父との最後の対面。
    わかっている話ながら、石文のエピソードには、やっぱり泣けました。
    原作に忠実で、さらにこの漫画家の独特の素朴な雰囲気に満ちた作品。コミック版も堪能できました。

  • 東北、山形、富山、鶴岡などを舞台とした作品です。

  • 死に触れるのは実は反則だよなーと思う。
    不可避の事象だから、誰もかれも、いずれ経験するのだ、大切な人との別れを。

    この本はシンプルな感じでよい。
    赤の他人と近しい人の対比、死と新しい命。
    何もかもが使い古された手だが、飾っていないので共感もできる。

  • 同名映画コミカライズ、素晴らしい!名作「神童」に似て庄内風景の中、ページから音楽が聴こえ、詩情豊かに故人と残された人々を描く。特にチェロを弾くオリジナルエピソードが印象的

  • 映画を観ようか迷っていた作品。
    作画がさそうあきらなので思わず購入。
    なるほど、でした。

    もともとの原作がなにかはわからないけど、
    確かにこれは視覚用の作品ですね。

  • まんがになってました。さそうあきら著。ホントの原作は「納棺夫日記」。ホントのホントの原作は「石ぶみ」?原作にこだわると、その作品本来の持ち味を殺してしまう。「原作のほうがよかった」はあんまり好きじゃない。それはそれ、これはこれ。

  • 映画→漫画らしいです。
    さそうあきらさんの作品が
    映画化されることが多いのに
    今回は逆なんですね。
    今までの作品の寄せ集めみたいな
    テイストですが(ファンの人
    ごめんなさい)、朝から
    読んでてうるっときて
    しまいました。

  • 帯がよかったんだよ…
    『きれいになって、逝ってらっしゃい。』

  • 映画も今やってるらしいですね。いいって聞いてます。なのでそのうち見に行こうかと思ってます、ちょっと。で、さそうあきらのこれ。こっちが原作なのか、それはちょっとわからないのだけど、正直、さそうあきらはもっとやれる人なのに、という不完全燃焼感が残った。たぶん、これはさそうあきらが原作じゃあないね、と思った、だから。さそうあきらが描く世界はもっと広い。もっと深い。悪い作品じゃあ決してないけど、さそうあきらを知ってる人からすると物足りなさしか残らんかもしれん。。。(08/10/4)

  • 書き方が巧いな
    いい仕事したい

  • 映画になってるのを先に知っていたのでどんなないようなのかな?と思って読んでみた。
    誰にでも訪れる死。
    納棺師という仕事を通じて成長する主人公。
    最後に心がちょっと熱くなりました。

全15件中 1 - 15件を表示

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

ツイートする