アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)

  • 1628人登録
  • 3.81評価
    • (118)
    • (170)
    • (138)
    • (21)
    • (8)
  • 86レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2009年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091827791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 たかし
有効な右矢印 無効な右矢印

アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • てっこの真意は、闇の中。英雄の声に反応して突進してきた時、彼女はすでにゾンビだった。
    歯を抜き落としたのは、英雄が汲み取った理由でいいのかな。
    いい気がするな。
    いいと思いたい。

    ゾンビが町中に増殖しつつあるのにそれがイマイチ浸透してなくて、反応が遅れた人びとが次々と餌食になり、せそれがまたゾンビとなって人びとを襲う。
    異変に気付かない人の鈍さに憤りながら、でももしこの世界が現実だったら。やっぱり脳が拒否反応起こして、認識出来ないまま襲われそうだ。
    てっこはどんな経緯でゾンビになってしまったのかな。無神経で酒乱でたちの悪い女だけど、英雄目線で見ると可愛いと思ってしまう。彼女の最後の意識が、あまりツラくなかったなら良いな…と思う。

    三谷さん、ヒーローになりきれずに消えてしまった。
    でも見方によっては幸せな最後。

  • どんどん物騒になって参りました。ハンドアクションの息の合わなさとか、こういう所がリアルで好きだなぁ。カラーのてっこがえげつなかった……

  • この巻にて正式にゾンビ漫画なんだと認識。グロい描写に少し戸惑ったが、そういうもんだとわかっていればどってことない、かな…。
    バイオレンス描写がキツイので子どもには見せられません。

    2012.11.19〜20
    TSUTAYAコミックレンタル

  • な、なんなんだろう、これ。
    この作品、どこへむかっていくの?

  • 気持ち悪く、怖い、ゾッとする。

  • すげーことになってきた。ホラー?意味ってあるの?

  • 展開は相変わらず遅いけど(ショットガン、まだ使わんのかい!!)、面白い。この作者のゾンビ描写は不気味で良い。ゾンビになっても、まだ喋ってるし…。画力がある人が描くと、あんなにも最高に気持ち悪い世界になるんだなぁ。和風ゾンビ、良いですね。日本特有の幽霊的な怖さがある。しかし、この巻の表紙の姉ちゃんは一体誰なんだ…。

  • 前巻の衝撃の見開きからの2巻目。
    今回もまだ全容が分からないまま奴等が大暴れ。
    ゾンビ!走る!飛行機!グロい!そんな感じ。

  • 最初は、よくある「若者の日常」(といっても主人公は35歳だけど)かと思っていたが、かなり非日常になっていく様子がおもしろい。非日常のなかでも、冷静に戦っている。すごい。

  •  てっこ。彼女さん。が。嗚呼。むなしい、なあ。
     英雄、主人公は、そのまま向かっていったけど。こういうときってだいたい突き飛ばして逃げたり、叫んで終わってしまったり。それでおわらない。分かっているけれど、それでも。だったんでしょうか。へたれな主人公だからこそ。
     にんげんは、こわい。なあ。

  • 超展開ですが、今のところ詳細説明はなく目の前の事柄を片付けていくのみ。間の書き方が良い感じ。アニメーションタッチな書き方ですが。
    どうでもいいが、緊急事態は西武線は止まっていると思う。

  • 主人公の彼女、めちゃいい娘じゃないか‥‥

  • いっつも、俺の味方だった

  • 割と中盤位まで主人公が冷静なのがウケる。

  • てつこが…………

  • 普通の神経だったら、
    彼女が目の前であんなにテンパってたら化け物化していたらもっと混乱しないか?
    と、
    言うのを横目に物語りは進む。

    つか「矢島」って「英雄」の妄想?
    つか、
    この話自体が「英雄」の妄想じゃないのか?

    「英雄」は職場に向かう。
    職場では嫌いな「三谷」さんが先生をぶっ殺してて、
    1巻で殺されてる感じだったみーちゃんも退治!

    駅に向かうって石神井公園ですか?!
    このお話し西武線沿線のことか!

    途中で三谷さんが衝撃的な死に方でした。。。

    「英雄」は電車にのって飯能方面に向かう!
    つか、
    電車のなかでもゾンビが現る!

    人が人を噛むと感染するのか?
    ゾンビみたいな化け物みたいなものになる!
    襲われるから抵抗しながらひたすら安全な場所を求めて逃げているマンガです!

    これからどうなる?

  • 売れない漫画アシスタント鈴木英雄の残念な人生を綴っているだけかと思われた第1巻ラスト直前から、一気に異色の世界に突入。
    噛まれたら感染するゾンビから逃げる英雄。嫌いだった三谷とともに逃避行を開始するが、三谷もまたゾンビにやられてしまう。
    銃を持ってるのに、この期に及んで銃規制法が気になって使えない英雄が、いかにゾンビたちから逃げるのか。

  • TSUTAYAでレンタル。

    1巻最後の展開は夢とか妄想じゃなさそうで、いっきに世界の終末みたいになっちゃった。打って変わって、パニックホラーになった。ゾンビ?になる過程とかそういう部分はまだまだ出てこなそうなので、ひとまずはこの恐怖と疾走感を楽しむってところ。

    ひとまず画力が凄い。動き回る絵ではないが、描写のコマずつの展開で緊迫感を出してる。あとグロテスクな表現も細かい。パニックな表現だけで終わりそうだけど、歯の件とか、てつこの部屋の中の書き置きとか色々練られててぐっと来るところもある。

    多分、この2巻まででプロローグみたいな区切りかな。まだまだ全体の面白さまでは行かなそう。

  • 音信不通だった恋人・てっこからの仲直りのメールに一安心した英雄は、翌朝さっそく彼女のアパートを訪ねる。
    しかし、英雄の前に現れた彼女は、変わり果てた姿だった。
    裂けるように開かれた口、大きく剥かれた目、そして血管が浮くほど充血した全身。ドアを噛み千切り、ワケが分からず動揺する英雄に化け物と化した彼女は掴みかかる。

    もうこれホラーだよ! バイオハザードだよ!!
    ってか主人公、こんな化け物化した彼女によく普通に接せるな!
    彼女の抜けた歯を持ち帰るとか信じらんない。

    ってかもう何があったのこの世界。
    全然何も分からないまま化け物化した人たちからひたすら逃げるだけだった主人公。
    やっぱり2巻を読んだだけでは、何が面白いかはまだ分からない漫画だと思う。
    次の巻読んだ後なら、2巻の表紙の女子高生も誰だか分かるんだが、この時点では「誰?」って話よね。

  • 面白い>怖い

    前巻から一転してアクション満載の二巻。ここまでハリウッド的なシーンを見せてくれると、ゾンビが徘徊しているのがむしろ笑えてくるから不思議です。

    未だ何が起こったのかはわかりませんが、とにかく噛まれたらやばいということと、町中安全な場所なんてないということ。どこもかしこもゾンビ的なのがウヨウヨしていて、怖いとかグロいとか思う暇もないくらいサバイバルです。

    主人公が「英雄」という名前とは裏腹に脇役感全開で、とりあえず今のところ活躍の兆しはありません。この「一般人」な感覚でパニックな状況に対応していくのが新鮮で、この作品の面白さでもあると思います。

    今後の展開に期待を込めて、良作認定です。

  • 1〜7読みました。自分の好きなテイスト。序盤は話が進まず飽き気味でした。が、桃屋のザーサイにやられましたw 今ではお気に入りの漫画です。新刊が待ち遠しい。

  • アイ・アム・レジェンド的な。

  • 2巻目。
    てっこと英雄がなぜか切ない。

    感染経路は体液なのかな、とも思ったけどもどうやら傷をつけるというところにポイントがあるのかな。
    てっこが擦過傷による感染のようなので、微生物が傷口より侵入し増殖ということかな。

    まあ、人を襲う理由と人体が動くだけの動力がどこにあるのかが分からないけども。読むうえではどうでもいいことかもしれませんね、ハイ。

    話を戻そう。
    てっこと英雄のこのやりとり切ないですね。
    どこまで本人の意識が残っているのかわかりませんが、ちょっと見た感じでは本人の意識が強く残っていたことを口にするようになるのかな、と。
    だからこそのてっこの呟きのような言葉でなのでしょうね。

    で、何よりもすごいのは英雄だわ。
    あんな姿になっても変わらず接しようとするのがすごい。普通なら殴り飛ばしてまっさきに逃げるところですよ。
    愛があるとかそういうレベルじゃないです。愛があっても普通なら逃げるレベルの恐怖です。アレ。

    三谷さん怖い。アレらよりもある意味で怖い。
    ここぞとばかりに鬱憤を晴らすさまがあまりにも普通の人間かなと思いました。ある意味で彼も混乱して感覚が狂ってしまっていたのでしょうけども。あれを見て誰をざまあなどとも思えませんよね。特に最後の姿を目の当たりにしたら。
    あれはあれで、三谷さんは一番幸せな死に方だったのかなと思えます。

    後、電車は死亡フラグでしょう?バイオハザード的な場合。

全86件中 1 - 25件を表示

アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする