シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 962人登録
  • 4.18評価
    • (115)
    • (99)
    • (49)
    • (8)
    • (0)
  • 49レビュー
著者 : 伊藤悠
  • 小学館 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091827999

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

  • 「本」を愛する人ならば読まなければならない1冊

    わたしは1年に一回くらい、遠い南の国でたったひとり死んだ、帝国大学やらの優秀な学生さんのことを考えて、泣いてしまうことがある
    だからといって私は靖国神社に参拝に行くとかはぜったいぜったいしたくない。
    だってそんなの新城は絶対ばかにするよね。
    伊藤悠の「皇国の守護者」は不本意な終わり方だったけど、ほんとーに色んな示唆をもらった。それって右翼とか左翼とかに関すること。
    伊藤悠は「皇国」の答えを今作でだそうとしてるのではないのかな。
    「殺すとか壊すとかじゃなくて、伝えるとかつなぐとかそういう生き方だってあるはずだ」
    これは、新城が「できなかったこと」だ。したくてもできなくて、できなくて苦しくて。
    この生き方を、力がすべての物差しである「戦乱の世」でおこなうということ。それは強さだ。

    おもしろいです。号泣した。
    あとモンゴル人ってやっぱ強いよね、朝昇龍にはやっぱ勝てないよーって思った。
    あとがきおもろい。

  • 展開早いのにキャラがしっかり説得力あって面白い。

  • ユルールが可愛い。これは良いおねショタ。
    ドMが余計なことしたけど、こいつがいなきゃシュトヘルとユルールは出会えなかったのかと思うと……

  • 文字について、シュトヘルが感動を覚えるシーンが一番印象に残ってる。
    自分が死んでも、文字は後世に残る。記憶の中だけではなくなる。

  • シュトヘルの戦闘。 
    シュトヘル、文字を知る。   
    文字は偉大だ。

  • 今一番熱い漫画

  • 悪霊<シュトヘル>として在る姿。

    そこが強く焦点に置かれている巻かと思う。
    そして終幕には…。

  • 文字が持つ神性、そして憎悪。非常に珍しい、けれど素晴らしい観点から描かれている作品だと思います。
    命が塵のように散る時代で、己が生きたこと、戦ったこと、そして死ぬこと。
    その一生を誰も憶えていないのなら、それは存在したと言えるのだろうか?

    そんな思いを、文字は残す。
    しかし、忘れ去りたい過去も、否応なく、文字は残す。

    ユルールとシュトヘルに芽生えた絆が、復讐に身を焦がすシュトヘルに変化を与える。
    しかしその変化を、良しとしない者も…

  • 心が震える瞬間が描かれてるのがわかって、すごく好きな巻になった。文字の美しさと偉大さ、素晴らしさを改めてしみじみと感じるマンガである。

  • ユルールとシュトヘルの出会い。

  • あしたわたしが死んでも、消えないのか…?わたしの仲間は…この文字が、憶えていてくれるのか。…ユルール。___それが……それが、文字なのか。   (P176・177)

    泣くよ(TT)。
    オマケ漫画は笑うよ(^^)/

  • 引用した一文に痺れました。ユルールの理想を貫こうとする意志が格好良いです。

  • 登場人物がある意味みんなピュアだと思った。皆まっすぐだからぶつかるんだなー。
    段々とシュトヘルがユルールに心を開いて、展開が楽しみになってきた♪ユルール、荒んだ心を癒してあげてー!

  • シュトヘルとユルールの出会い、なぜシュトヘルと呼ばれるようになったか、ツォグ族のユルールがどうして西夏の文字を残したいのかがわかります。1巻でカッコよかった狼はモンゴル族の神様だったとかシュトヘルが西夏人だけど読み書きできないとか、常識だけど現代日本人の私は出てくるまで気づかなかった。ちゃんとフォローしてあってありがたい

  • 相変わらず上手いなー。
    巻末ページの族設定が愉快で良い。一本描いてくれないだろか。


    つうか、出るの遅くて一巻の内容忘れ気味だよ…

  • ユルールは蒙古軍に属するツォグ族の皇子でありながら、敵国の西夏文字に魅せられ、その文字盤を守るために密かに一族から出奔する。
    途中で出会った隊商長・アルファルドと共に南宋の西端・成都を目指すが、その道中で「悪霊(シュトヘル)」と呼ばれる女戦士に襲われる。

    シュトヘルとユルールの運命の出会いが描かれる第2巻。
    非常に盛り上がる展開です。
    シュトヘルにとってはユルールは自分の仇・ハラバルをおびき出すための餌、ユルールにとってはシュトヘルは目的地に行くための強力な護衛。ああ、この関係ドキドキする!

    そして死んでいった仲間たちを覚えているために生き続けてきたシュトヘルが、ユルールの書く「文字」によって、もし自分が死んだとしても「文字」が彼らを覚えていてくれるのだと知った時の感動といったら!
    今でこそ「文字」は簡単に書いて残せるものだけど、その価値はすごいものだったんだなぁと思いました。

    そのおかげでシュトヘルとユルールの距離がぐっと縮まったのに、最後とんでもない終わり方をしてくれちゃいました。やりやがったよ、あんにゃろう!

  • 何回読み直しても飽きない。2巻が一番読んでるかもしれなぃ。
    大好きな本のうちの1冊。
    出会えた時、感動で泣けました。
    私涙もろぃんで。
    また好みもぁると思いますが、共感してもらえるところがちょっとでもあったら、とてもステキ。

  • 文字の大切さ、伝えていく事の大切さ、伝えられなかった出来事や埋もれてしまった出来事を全て知りたい。でも、それは不可能だから物語に惹かれるのかもしれない。

  • まだ序章。

    シュトヘルの獣のような戦い方はいつ読んでもブルブル震えが止まらない。

    伊藤先生の動きのある描き方が大好きです。

  •  登場人物達の人間関係が動き始めて、物語が加速するシリーズ2巻目。

     伊藤悠さんの安定感抜群の表現力に感心します。
     しかし、物語の決着がどうなるのか今から心配なシリーズになってきました。

  • まずい、本格的にお兄さんが好きになってきた。
    そもそもこれはそういうキャラ萌えで読む漫画ではないって分かってはいるんだけど、これからシュトヘルやユルールと対立していくのかと思うと主人公がその二人であるだけにものすごく心配になる。本当に許す許さないの先はないのか、ハラバルもシュトヘルも。

    「明日わたしが死んでも消えないのか。それが文字なのか」っていう言葉は涙腺にグッときたけど、それはまだ文字が一般的ではなかった時代だからこそだなあと思う。ツイッターやブログなんかが普及した今、文字化した個人の主張なんてゴミか塵同然の価値しかないわけだし。そういう時代を生きる若者である須藤が、物語が回想を終えて動き出すときにどういう動きをするのかがとても楽しみ。

  • 記憶に残りたいのは作家も同じ。記録に残るためには媒体が要る。
    媒体に残るためには、何かをなさねばならない。

    出来事を編纂すらせずに記録し続けるモノがあれば、人は生きている意味を失うのだろうか。

  • ユルールの年齢にそぐわない徳と智慧に魅了される。シュトヘルが文字を教わり僅かに心を取り戻すシーンがぐっと来た。

  • シュトヘルvsベクテルのシーンと、シュトヘルのまさに「悪霊」って感じの表情が凄い。

  • シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

全49件中 1 - 25件を表示

シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする