MASTERキートン (12) (ビッグコミックス)

  • 551人登録
  • 3.79評価
    • (66)
    • (29)
    • (102)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 勝鹿北星
  • 小学館 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091828521

MASTERキートン (12) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「狂った太陽」がタイムリー。
    セミパラチンスクで核実験の火球を見て育った少年二人。長じて核物理学者になり,優秀な方(ボリス)がリビアへの亡命を画策,もう一人(セルゲイ)がそれを止めるという話。セルゲイはチェルノブイリの事故処理にあたり,被曝によって白血病になったとか。
    「静かだった……」
    「鳥の声も虫の音も子供の遊ぶ声も……」
    「何も聞こえない……」
    「行けども行けども死の世界だった。」
    「あれが俺たちの信じていた科学のもたらしたものなんだ。」

  • 読んだことがある内容だった。面白いね。

  • キートン先生が保険のオプになるきっかけと
    なったダニエルさんとの出会いが描かれています。
    一番やりたいことがなかなかできないのも、
    使命なのかな。

  • アクション、推理、歴史、人情の要素がキートンさんを通じて昇華された上質短編集。
    どの話も捨てがたいですがラストの靴の話が好きです。

  • 祖国があんな激動に見舞われなければ… 俺達三人の運命も狂わなかったのか…

    …………

    ナタリア先生……
    俺達…三つの誓いを守れなかったよ。

    (CHAPTER 6 赤き哀しみ)

  • 赤い風

  • 本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

    浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

  • 「狂った太陽」
    「赤い風」2部作
    「靴とバイオリン」
    フィッシュ&チップス!

  • 全巻あり。
    浦沢ものでいちばん好きかな〜2ばんかな〜ww

全13件中 1 - 10件を表示

勝鹿北星の作品

MASTERキートン (12) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

MASTERキートン (12) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする