美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)

  • 126人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (8)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
  • 小学館 (2010年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091830203

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カウンターに返却された本。士郎が三人子持ちになっていたのにはビックリ。さらに、天竜川、伊那市美和ダム、伊那谷自然友の会など身近な地域の記載が。浜松の中田島砂丘の侵食に関わっていたとは知りませんでした。「地域情報あり」のシールを貼り、除籍対象外にしました。(R)

  • 初期から環境問題については食に絡めて訴えていたがこの巻では本格的に取り上げている。御用学者云々、漫画としては面白くも無いが今の日本人に伝えようとする試みは評価されるべきである。

  • 食と環境問題

    こむずかしい環境問題を 食のレベルに 結び付けていく
    手腕は 優れている・・・
    よく調べ上げたというべきか・・・

    ダムが どんな問題を持っているのかを
    天竜川と中田島砂丘の関連を明らかにして
    生態系の破壊 そして ダムが 水害を起こす
    という ところまで 発展させる。
    でも これだけのテーマを いったい誰が読むのだろう。
    どうも 作者の自己満足的な ものになっているような
    気がしてしょうがないなぁ。

    私には 面白いけどね。

    天竜川の環境問題から・・・
    長良川 沖縄の泡瀬干拓埋め立て 六ヶ所村・・・
    に切り込んでいく。

    公共事業という 官の進めるものに結びつく ゼネコン
    それに お墨付きを与える学者 という
    構造に メスを入れる・・・
    「学者」をあぶりだすのは 雁屋哲らしい 所作。
    それを 批判させるのも 学者なんだけどね。

  • 珍しく協力し合う雄山と士郎。

  • 原発なんとかやめられないかのー

  • 登録日:12/9

  • 2010年5月21日(金)に読んだ。

  • 最近は食を楽しむより社会問題のが多いね~前の方が好きだなー

  • 100304購入

  • 環境問題と食について学ぶことができます。

全14件中 1 - 10件を表示

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

美味しんぼ 104 食と環境問題 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする