ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)

  • 202人登録
  • 3.44評価
    • (9)
    • (15)
    • (45)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 細野不二彦
  • 小学館 (1994年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091830241

ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 3巻までは絵の話が多かったんだけど、刀剣とかエジプトの財宝とか、なんでも鑑定団めいてきてた。面白かったけど。

  • 副題は「狙われた天守閣」

    ムソルグスキー「展覧会の絵」に発想を与えた画家、キリコに発想を得ようとするロック歌手。
    天守閣ギャラリー。

    (2005年読了)

  • 知人から借りて。
    『狙われた天守閣』はコレクションを築くということについて考えさせられるエピソードだった。個人がコレクションすることで守られるものも確かにあること、国宝指定と一般公開の狭間で、それらのよさを万人が理解できるか、理解してくれるか、何よりもそれで美術品が傷つかずにすむかという諸問題の模索。興味深い問題定義だった。

  •  美術をテーマに取り上げた漫画で、主人公の藤田の美へのあこがれ・探求・崇拝がわかりやすく、時には難解に描いてあります。
     一話完結なので、どこから読んでも読みやすく、おもしろいですよ。

全4件中 1 - 4件を表示

ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする