チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)

  • 967人登録
  • 4.11評価
    • (133)
    • (149)
    • (79)
    • (6)
    • (0)
  • 96レビュー
著者 : 佐々木倫子
  • 小学館 (2010年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091831057

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だいぶ仕事に馴染んできた雪丸。ホシイさんの構造はоnちゃんそのものだね。編成の苦労や気象予報士の苦悩など、テレビのお仕事を丁寧に説明していて面白い。町ー町合併では波乱を起こしながらも合併を丸く収め、ネイチャークイーンでは天然さを発揮して周りの心配をよそにへこたれない雪丸。いいんでないかい。

  • 2015.5.28
    面白すぎる。

  • 想像以上に面白かった!

  • 雪丸花子は、札幌のローカルテレビ局、「北海道☆(ホシ)テレビ」の新入社員。配属された報道部で着ぐるみの助手として駆り出されたり、スランプに陥っている気象予報士の実験台になったりと希望しないところで存在感を出していく。

  • 雪丸が天然過ぎて可笑しい。今回も存分に笑わせてもらった。
    テレビ局という職場の裏側を知ることが出来るのも、このお話の面白いところ。

  • 雪丸の、意図のない空気読まなさ(読めなさ)が周りを救い、自身を守っている

  • 1話ごとに細かい小ネタ、伏線があり、それら絶妙に自分のツボにハマる。
    テレビ局の人っていろんな仕事こなしているんだな・・・

    HHTV屋上のホシイさんの持っているアイテムが毎回違うことに気付いた。


    ・ホシイさんの中
    ・刑事になりたかったキャップ
    ・同期・北上の編成判断
    ・商店街の二千円札
    ・当たるかもしれない天気予報
    ・市町村合併、「燃えれ・荒磯カレー」
    ・ダイヤの横の百円玉

  • ホシイさん。

  • 今年の1月末に2巻が出て、スグに読んでましたが、書くのを忘れてました。
    続々と起きるしょうもない事件(の中心にいつも雪丸がいて、そのドタバタが痛快。安心して楽しめます。

    雪丸のドタバタが話しのメインなのは当たり前ですが、地方TV局の様子がけっこうリアルでTV画面には出ない地方TV局の仕事が垣間見えてるんじゃないかと思います。

    "週刊ビックコミックスピリッツ"の連載が月1回のため単行本が1年に1冊のリリースだから、3巻は来年2月くらいなのが待ち遠しい。

  • 涙が出るほど笑いました(^0^))

全96件中 1 - 10件を表示

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)はこんなマンガです

チャンネルはそのまま! 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル)のKindle版

ツイートする