スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 388人登録
  • 4.11評価
    • (55)
    • (58)
    • (32)
    • (2)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 戸田誠二
  • 小学館 (2010年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091831064

スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スキエンティアとは科学の女神で、基本は科学の力を借りて人の人生が幸福になる話ですね。
    どの話も泣けますが、好きだったのは第1話親にも愛されず、ろくなことがない人生だったため自殺願望のある若い女性が、四肢がマヒした車椅子の老婆に身体をレンタルします。
    「もう生きたくない」と思う若い女性と、「あともう一度だけ体を動かして生きたい」と思う老婆。
    考え方ってこんなに人を変えるものだな、と思う。

    それから最終話もよいです。
    売れないミュージシャンの二人。
    一人は魂と引き換えに、才能を全開させる機械を得ることを選び、もう一人は音楽をあきらめて結婚し、子供を得て、平凡なサラリーマン生活を選ぶ。
    あなたならどちらの人生を選ぶ?

    とにかくお勧めの漫画でございます!

  • 「香織さん、あんたもやるんだよ。
     やるんだ。できるよ。」

    科学が人を幸せにしたりしなかったりする短編集。タイトルは舞台となるビルの名前であり、「科学の女神」の名前(と言うことだけど単にラテン語で「知識」かな?)
    SFギミックが核になってるけど、SFと言うよりはヒューマンドラマ。

    登場人物の顔がみんな同じに見えるのでちょっと混乱する。表情がときどき昔の「ささだあすか」の絵に似てて好き。


    1話目「ボディレンタル」は自殺希望の女性が、車椅子の老婆に身体を貸すお話。まんま「未来ドロボウ」(藤子・F・不二雄)だけど、希望に溢れて爽やかで好き。

    ガジェットが一番好みなのは最終話「覚醒機」。
    使えば7〜8年しか生きられないが脳の潜在能力を覚醒して素晴らしい生き方ができるだろう機械を、使うか使わないか。使った男と使わなかった男の話。

    ドラマが好きなのは「クローン」。
    死んだ娘のクローンを産んだ母親の話。クローンである「妹」が「姉」が死んだ年齢を超える。ここで「妹」を別の人間として愛せるか、という方向に行くと陳腐だけど、「姉」の死を受け入れることが出来るか、という話になる。

    Amazonにオススメされる精度が良すぎて恐ろしい昨今です。

  • デビュー後すぐの著作を読んで、すこし精彩を欠く印象があったけれど、数年飛んだこの作品集は、そういうものを乗り越えた……すこし言い過ぎると、「神さまの著作」物になっている。こういう質感のお話って、いろんな書き方が出来ると思うけれど、この作品集については、そして戸田誠ニは、「誰もが“がんばりたい”のだ」っていうたった一つのメッセージに集約させていて、この表現が正しいかはわからないけれど……強かった。静かな傑作だと思います。

  • 個人的に好きな戸田さんの漫画ですけれども、面白かったような気がします! もうほとんど内容の方を覚えていないのですが…また読み返す必要がありそうです…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    SF設定のお話がいくつか入っていたかと思いますけれども、就寝前、しかも酒を飲んでいたために内容の方が…

    ヽ(・ω・)/ズコー

    うーん、でもまあ、心に残るやうな話だったかと思います! 本当にこの作家さんはアレですね、まさにヒューマンドラマを銘打ちたくなるようなお話を描くのが上手いですねぇ…。

    というわけで、さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 面白い。未来はきっと面白い。

  • とてもいい漫画だ。どん底の中から見える光。

  • ヒューマンドラマSF。

  • 未来の世界では、満たされない思いを「技術」によって賄える

    でもそれは本当に幸せなのだろうか?幸せってどういうものか・・・
    に対して挑んだ作品
    どの話も、最後は心温まる描かれ方をしている

    癒やされてないとか、何か鬱憤がある方は読んで欲しい
    バンドマンとか、やる気が見いだせないフリーター・・・
    身体が思うように動かない老人や、病気に侵され先の長くない男

    自分はまだまだ幸せだし、これからもどんどん幸せになることが出来るんだなと思わされるストーリーが散りばめられています

    悩みがあるかたは一旦この作品を読んで欲しいです 何か感じることがあるのではと思います。

    色々な疑問が投げかけられますし、荒川弘さんの「銀の匙」銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
    に通じるところもあるかと思いますので(幸せってなんだろう?)、銀の匙好きな方にもおすすめです。

  • 戸田誠二の漫画らしい、SFチックな部分と人の感情を詩的な表現でまとめてあると思う。
    何度読んでも、興奮するような高ぶる感覚を持てるのではなく、いつまでも心にひっかかる、そんな感じ。
    この微妙な感覚は、彼の漫画ならではなんだろうと思う。

  • スピリッツに掲載されてた短編集です。
    SFものですが、よい作品です。

全44件中 1 - 10件を表示

戸田誠二の作品

スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする