電波の城 10 (ビッグコミックス)

  • 102人登録
  • 3.90評価
    • (8)
    • (13)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 細野不二彦
  • 小学館 (2010年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091831071

電波の城 10 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • マンションで読む。

  • 女子アナトップの座を目指すお話、10巻。
    とてつもなく腹黒い天宮さんだけど、人生を踏みにじられる人に見せる優しさは本物で、そのちぐはぐな感じからどうにも目が離せない。
    生放送のインタビューの話は本誌の方でたまたま読みましたが、しばらく夢でうなされるほどの毒でした。

  • 毎回毎回だけど思ったまた思いもしない方に話し飛ぶなぁ。
    今回は結構ヘビーな感じで話も大きく動いた感じ。

    また次ぎ楽しみ。

  • 少しずつお嬢(笑)の過去が近づいてきた感じがする、そんな10巻目。
    とはいえ、相変わらず強かで計算高くて根回しを忘れないその姿勢はある種、会社員として生きていく自分には教訓めいたものにも感じます。

    いや、勿論、同じこと出来ないしやらないけど。

    周りを引き込む事は大切だし、味方にしないとどうしようもないし、自分だけで出来ることなんて限られているからこそ。

全5件中 1 - 5件を表示

電波の城 10 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電波の城 10 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする