竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 275人登録
  • 4.47評価
    • (60)
    • (30)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 31レビュー
  • 小学館 (2010年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091831194

竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大洋さんにはまた時代漫画を描いてほしい。
    私の永久保存漫画。

  • 本当に素晴らしい作品だから読んでみてと言ったところで誰にも読まれることのない名作。仕方無いか。

  • 絵が素晴らしい

  • 傑作。そして良いラスト。この作品は台詞であまり感情を語らない印象があって、すごく好きなスタイルだったんだけど、最後までそのスタイルは貫かれているように見えた。松本大洋の世界感に包まれた感覚。

  • あー終わっちゃった…
    最後読んだら感動でビリビリきました
    宗さんの気持ちとかいろいろ考えてたら涙でてきた

  • なんかいいね。絵も面白い。

  • 好い良い!

  • 絵がいい。テンポがいい。キャラがいい。

    この人の作品は、いつもそうかもしれないが主人公から脇役にいたるまで雑なキャラクターがいない。

    口調や見た目、特殊能力だけでキャラ立てしている漫画が多い中、信念や立場や葛藤まで含めて丁寧に描かれてる。

    ちょっと格好良すぎるので、人間の泥臭さや深層の言葉にならないような部分は感じないのが
    良さでもあり物足りなさでもある。

  • ストーリー、絵、キャラクター、あらゆる点でツボ過ぎる。
    ページのすみずみまで配慮が行き届き、かつそれをあざとく感じさせないユーモアと脱力感がスバラシイ。
    読み終わった時の、満ち足りた、すがすがしい気持ちをまた何度も味わいたくなるに違いない、そんなマンガです。

    登場人物すべてが魅力的で、その中でもさらに際立つ主人公宗一郎のキャラクター。
    子どもたちの表情の豊かさと、人の生活に溶け込む動物たちのさりげない存在感。
    ストーリーは軽快で、深くて、面白い。

    宗一郎と矢場の看板娘お勝、二人のシーンが好き。
    大人の女性たちにこそ、この情感を味わってほしい気がします。

  • 画集みたい。
    とても美しいマンガです。
    もうサブカルではなく、アートですなー。

    借りて読んだけど、手元に置いておきたい本でした。

全31件中 1 - 10件を表示

松本大洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする