JESUS 砂塵航路 5 夜魔は歌う (ビッグコミックス)

  • 92人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091832498

JESUS 砂塵航路 5 夜魔は歌う (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • その昔、週刊少年サンデーに載っていたあの殺し屋・ジーザスが帰ってきた!!
    しかも再び殺し屋と高校教師という二足のわらじを履き、全く新しい組織として生まれ変わった「24」と因縁の対決を繰り広げる!!

    「虎」「雁の巣」「三崎かおる」懐かしい単語が出てくるたびに心躍りますwww

    さらに、原作・たかしげ宙、作画・DOUBLE-S「死がふたりを分かつまで」とのクロスオーバー企画も進行中。
    こちらは、ゲストではなく、お互いのマンガのキャラクターががっつりストーリーに絡んでくるという珍しい企画。

    5巻までは・・・うわーなんか変な手ぇ出てるヤツがいる~
    向こうのマンガ読んだことないからまだまだとっ散らかってるな~、という期待半分不安半分な印象。

  • クロスオーバーはうれしいんだけど、勝手に他の本のキャラを殺すわけにも行かないので、毎回引き分けになりそうで、これはこれでワンパターンに陥りそうな予感。学校内でのナイトゴーンツとの闘いにもアルクベインが絡んでくるのを楽しみにしておこう。

  • 高校教師兼殺し屋ジーザスの続編5巻。
    一言一言が決めぜりふのようで痺れます。
    「俺の生徒だからさ…」にはキュン。アッシュは護り通してやって、ジーザス!
    日奈が自分の行為を悔いるシーンは印象的でした。エレメンツ・ネットワークの設定と上手く合致していて、彼にしかあの言葉は言えなかったと思う。
    土方の活躍も間近のようで楽しみですが、何だか妙な異物感。
    ……はっ、藤原さんのジーパンキャラって珍しいからかもっ!

  • なかなか面白くなってきた。しかし、いつもながらどんどんトンでもない化け物が出てくるな。実際あり得んことだが、高校の先生でこんなのがいたらと思うと...。

全4件中 1 - 4件を表示

JESUS 砂塵航路 5 夜魔は歌う (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

JESUS 砂塵航路 5 夜魔は歌う (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

JESUS 砂塵航路 5 夜魔は歌う (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする