花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 587人登録
  • 4.15評価
    • (92)
    • (69)
    • (42)
    • (5)
    • (3)
  • 97レビュー
著者 : 片山ユキオ
  • 小学館 (2010年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091833983

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

  • おそらく日本初となる
    本格朗読漫画です♪


    たまたま本屋で
    綺麗な表紙に惹かれて手にとったけど
    こんな漫画があるなんて
    いやぁ〜もう
    ビックリです(^O^)


    声に出して本を読むことの
    素晴らしさや面白さを
    見えない声を絵で表現し、

    あったかい笑いを交えた漫画で
    教えてくれます。


    知識を詰め込むことが優先され
    現在では「黙読」が当たり前になっているけど、

    本当は声に出して読むことこそが
    本が持つ本当の面白さや
    物語の魅力に気付かしてくれる。


    帯にて推薦の文を書いている
    声優であり歌手の
    坂本真綾さんも述べている通り、
    『朗読』とは
    ひとりひとり違う
    声に宿る不思議なエネルギーを感じることであり、

    ひとりひとり違うからこそ
    個性が出せる。


    朗読の世界では
    登場人物の気持ちになりきるために
    その人物がどんな位置や距離から、
    あるいはどんな立場で感じているかを理解して読むことを
    「視点の転換」
    ということや、

    大正時代までは公共の場所でも
    本や新聞は
    音読する人のほうが多かったという話など、
    なかなか興味深い
    ウンチクも楽しい。



    気が弱く
    声が小さな新人OLの
    佐倉ハナが

    ふとしたきっかけから
    藤色朗読教室の一員になり、

    『朗読』の大きな魅力と出会い、
    自分の殻を破り
    成長していく様や、

    『朗読』を通して
    頑なな人の心を溶かしていくストーリーが
    読んでいて妙に心地いいんです。


    藤色朗読教室に通うメンバーも
    おしとやかなお姫様キャラの
    藤色きなり先生、

    劇団で役者をやっている
    イケメンの山吹くん、

    キャバ嬢のアカネさん、

    病院の事務の仕事をする
    初老の若竹さん、

    謎の文筆業家のオジサマ
    朽葉さん
    など、
    バラエティに富んでいて
    飽きさせません(笑)



    思いの強さが言葉に宿れば
    人の心を揺り動かすことができるという、
    根底に流れるテーマにも共感です。


    自分の気持ちを
    うまく伝えられない人や

    販売や営業の仕事をしている人、

    読書好きの人、

    演劇や音楽や作家など
    表現活動に携わる人なら
    特に勉強になるし
    必ず響く漫画だと思います(^_^)
    (逆に読書が苦手だという人にこそ読んで欲しい漫画でもあります)


    この第1巻では
    「ブレーメンの音楽隊」、
    宮沢賢治の
    「やまなし」が読めます♪


    現在4巻まで発売中。

  • 小学生のころに習った宮沢賢治の「やまなし」
    クラムボンがなんなのか、私も判らなかった。
    内気で自分の思いを上手に伝えることのできない佐倉ハナが朗読に出会い、成長していく(であろう)物語。

    小さいころは音読が当たり前だった。
    小学生のころ「感情移入が上手だ」と、音読をほめられたことを思い出す。
    そして芋づる式に次々と音読に対する記憶は甦ってきた。
    幼稚園に通っていた妹の誕生日(だったと思う)に、両親がプレゼントしたディズニーの紙芝居。
    まだたどたどしくしか読めない妹の代わりに、私が読んであげていたっけ。
    感情を込め、臨場感たっぷりに読みすぎたせいで、妹と弟を泣かせた記憶(…

    音読だと思っていたそれも、実は朗読だったのかな、って思った。
    私にも、少しは朗読の才能があるのかもしれない(笑)
    今でも時折、読書中、特に共感できる部分の会話などを声に出して読んでしまうこと、あるもの。(あんまり大声じゃ読めないけれど)

  • 困ったな。

    絵は好みじゃないし、ストーリーも唐突過ぎたり荒っぽい感じだし、理屈っぽくて押し付けがましくて・・・なのに、なんだか引き込まれる作品。

  • 朗読の場面は僕も声に出し、朗読に挑戦した。
    そばで聞いていた僕の子どもが、「お話、読んで」とせっついてきた。

    声に出すことの凄みを、久しぶりに思い出した。
    いま、声の力がいかに忘れられ、軽んじられているか。

    これは日常や普段の読書に対する、強烈な問題提起になりうる本だ。

    マンガだから伝えられる、イメージと言葉との融合。
    こんなやり方があったのか。

    画期的な書。
    読書と朗読を愛する、全ての人に。

  • 大人が楽しめるコミックを探していたら推薦されていたので、早速、今発売されている分をまとめて購入してみました。

    「朗読」というものをコミックで表現されている。
    これは新感覚。

    頭の中は「クラムボン」と「かぷかぷ」でいっぱいです。

  • 絵や展開は本当に好みでないのだけど、朗読という題材が面白い。宮澤賢治の「やまなし」の解釈を読んで、うわぁ~~~~~~~と思った。とりあえず1巻しか読んでないけれど、続きが気になる漫画。

  • 読書は好きなんだけど、黙読も遅く、音読するとつっかえる。朗読って子どもに絵本を読ませた程度だったが、深いんだ。
    「やまなし」の朗読に涙ぐんだ。

  • 最初のつかみは、んん・・・と思っていたら、
    1巻読み終わる頃には、えええええおもしれぇぇぇぇ!!となった。

  • マンガの世界には音がないので、テーマが「朗読」ってどう描くのかと思いながら、読み始めたが、すごく面白い!朗読したくなった。

  • 13巻でまとめてレビュー。

  •  文学はなぜ偉大とされるのか、ということが本気で知りたい人に。

    『トロッコ』のクライマックス、ヒロインが線路を駆ける見開き2ページの、単なる写実性・象徴性だけでなく、左右の竹林の、抽象的で説得力の滾る美的描写を見落とさない人が、朗読に向いているのかもしれない、と思いました。

  • 朗読教室
    15.10.19 新規up

    1-11巻 続

  • (2015-08-16L)(2016-03-27)

  • その辺の穴吹き用チリ紙、案内書より
    この一冊、キルケの『反復』を添えて

  • 朗読の声色やトーンを絵柄、すなわり表情やイメージや内声や讃嘆する観客で描く。
    結構無理なことにチャレンジしている。
    ……それよりもまんま澁澤が出てきて笑った。

    宮沢賢治「やまなし」

  • 本読みの参考に。

  • ハナにヒヤヒヤしながらも、朗読の魅力に引き込まれた。
    そこまで気にしていなかったクラムボンや、かぷかぷの謎が解けて満足。

  • なぜ、赤ちゃんの泣き声は皆に届くのか
    それは伝えたい気持ちがつよいから

    朗読の魅力に気づく 佐倉ハナ

    そして、佐佐木満里子との出会い
    妹 絵里子との確執、

    「クラムボンは笑ったよ」

  • 「朗読は読書の世界のスローフード」
    よーく噛まないと、のみこめない。
    字を追い、イメージを膨らませた先に、作者の伝えたいことがある。それを自分も誰かに渡す。

  • 朗読マンガ。

    これは、藤田 日和郎が、ツイッターで感想を語っていたのをみて購入。
    なかなか、楽しかったです。

    朗読というよりも、物語の解釈論な感じです。

  • 朗読の面白さ、難しさがわかり、且つブックガイド的コミック。話の背景、登場人物の頭の中を分析している。
    文学作品の解読ができるので、原作を再読したくなる。
    「たまには音読してみようかな。」と思った。

  • 絵は個人的には、イマイチ…というか、すみません、あまり魅力を感じなかったのだが、朗読というほとんど知られていないジャンルの手引書としては、うってつけだと思う。

    朗読の手法から学ぶことも多い。視座とか初めて聞いた。勉強になる。

    朗読してみたくなるマンガ。
    本を読む大切さを、マンガで説かれる矛盾…本よがんばれ!

  • もっとしっとりとした感じを期待していたので、全体的にリアクションオーバー気味に感じる。「視点の転換」っていう考え方は面白いと思う。

  • 「朗読」の漫画。なんだそれと思ったけど、評判を耳にしたので1巻を試しに買ってみた。漫画として好きかと言われたら、絵も話運びもそんな好みではない。続きを買うかはわからない。

    ただ、色々なことを思い出した。
    のりのりで絵本の読み聞かせをしてくれた母のおかげか、小学校で毎日出た国語の音読の宿題は全然苦じゃなかったなあとか、そういえば高校の頃に放送部の朗読コンテストの大会に出たなあとか。小中学生の時、妹と2人で漫画の朗読をしていたなあとか。漫画の中の、自分が好きな名台詞ランキングって誰でも大好きだと思うけど、そういう「好きな場面」「好きな台詞」を、キャラクターの配役を決めて交代に読んでいくという遊びをして、なりきって悦に入っていた。確か母に嫌そうな顔で「やめて、それ」と言われて恥ずかしくなってやめた記憶。

    間違いなく声に出して文章を読むことが好きだったけど、そういうのは「恥ずかしいこと」と思うようになったのはなんでだろうな。好きだったことすら忘れていて、これを読んだ後、思わず本棚の一冊を手にとって音読してみた。やっぱり気持ちよかった。その勢いで、朗読のポッドキャストを探していくつか登録した。

    黙読はわからないことがあってもそのまま読んでしまうけど、朗読はわからないことがあると一行たりとも声に出せない。だからわかるまで何度も何度も読み込む。そうするとイメージが何倍にも広がる、というのは、なるほどなあと思った。
    舞台演劇では、同じ話を違う役者、違う演出で何度も再演する。同じ脚本でも演技する俳優によって全然変わるのは、本には書かれていない情報を、自分のイメージでふくらませて補うからだろう。それはイメージの押しつけではなくて、いくつもある解のひとつなのだと思う。

    自分が好きなものってつながるなあ。

全97件中 1 - 25件を表示

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)に関連するまとめ

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする