シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 880人登録
  • 4.23評価
    • (104)
    • (90)
    • (47)
    • (1)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 伊藤悠
  • 小学館 (2010年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091834201

シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

  • やっと三巻。やっと。現在連載中のマンガじゃあ一番楽しみにしてる。
    週スピ掲載分まで収録。
    表紙はハラバル兄さん。格好よすなあ。

    やっと話の輪郭が明らかに。
    二巻読んだときはなんか長編になりそうな空気だったけど、一気に物語が縮まった気がする。ちょい寂しい。

    西夏の女戦士の体に入った現代日本男子高校生が現代で惚れた女の子の先祖のモンゴル人ショタっ子と頑張る話。
    って書くとなんかもう凄いあらすじだけど面白いから良し。
    須藤は凄まじい性癖に目覚めそうだな。
    パジャマの鈴木さん超可愛い。チンギスハンと同じ目してるけどな!

    「おまえは子供だ。卑怯も、――裏切りも許す。…ただ 恥だけは知っておけ」
    「おまえのその生き方では女ひとり救えない。」
    ハラバル兄さんは本当に格好良いなあ。強いし。弓は最強で近接格闘も強いって死角無しだね! さらに弓に刃装着で無敵だね!
    須藤ヘルで倒せんのか?
    シュトヘルの剣を歯で止めたのはやっぱり「似た者同士」なんだろか。

    「ユルーーーール!」のシーンはゾワゾワした。
    「文字を守れても守れなくても、おまえが大好きだ。」もゾワゾワした。
    ユルールの涙が……。
    このマンガの見開きはページ以上にコマが大きく見える。すげえすげえ。

    シュトヘルのあのどろりとした眼はもう見れないのかなあ……

    相変わらずのノリの後書きマンガも健在。エビってw

    掲載紙が月スピになっちゃったけど、頼むから打ち切りとか雑誌休刊とかやめてくださいよ。マジで。

  • …で、ここにつながるのかー
    と一巻を読み直す。笑

  • 消えた鈴木さんがどうなったのか気になる。
    後半須藤の物語になってきたけど、さて、どうなるシュトヘル。
    巻末のセーラー服が某少女漫画の見た目親父のJKとダブルww

  • 現代と過去の話。
    別人にする事の意味があったのか?

  • シュトヘルの死闘。処刑。そして生まれ変わり。   
    これから先、シュトヘルはどうなっていくのか。

  • 1〜3巻まで立ち読み。

    文字に感動するシュトヘルとユルールの姿に感動する。

    おもしろかった。絵も好き。転生がいまのところ邪魔だが、最終的に感動的な展開につながることを期待してる。

  • やはり本巻の面白かった!
    …だけど、個人的にはシュトヘルは前巻の有り様の方が良かった。

    いやはや今後が楽しみな漫画である。

  • 遂に対峙したシュトヘルとハラバル。仇に相対したシュトヘル。その戦いの中で交わされたやり取りは、復讐に生きることの愚かさとシュトヘルの卑怯さを説く。

    毒に侵されたユルールを助けるために、シュトヘルがとった行動、溢した言葉。
    物語は、ようやく動き出します。

  • ハラバルが一番格好良い巻。この男の持つポテンシャル、尋常やないでぇ・・・正直大ハンよりハラバルの方が王者に見える・・・まあ大ハンまだはっきり出てきてないけど。
    今までで一番ぞわぞわした巻かもしれない。あとがっかりユルールと須藤は可愛い。子供可愛い。

  • シュトヘル→中身スドー。

  • シュトヘルかわいいよシュトヘル

  • 怒濤の勢いで3巻突入!折角シュトヘルがバーサーカーの姿から、人に近づいてきたところでスドーになって残念…だけどより一層楽しい!先が読めないワクワク感でいっぱい^^

  • シュトヘルの処刑から1巻へと繋がる。シュトヘルの体に居るのは須藤でシュトヘルは眠っている状態。ちょっと気まずいw謎の尼僧も出てくるし、大ハンの少年時代も出てきて役者が揃った。でもさ、ハラバルの方が王者の器じゃないか?

  • シュトヘルが須藤にメタモルフォーゼ。
    全力でがっかりされる須藤。

    相変わらず巻末のオマケが可愛いです。


    とりあえずまた一巻から復習だな。

  • 毒により瀕死となったユルールを救うため、シュトヘルは蒙古の砦へと向かう。
    そこで弟・ユルールを捜していたハラバルと出会ってしまったシュトヘルは、仲間の仇である彼へと戦いを挑むが――。

    ついにハラバルと邂逅してしまった第3巻。
    非常に手に汗握る展開です。個人的に盛り上がりまくり。
    やっと、ついに、ようやくこの二人が出会ったんですよ!どれだけ待ち望んでいたか(笑)

    シュトヘルの中でユルールの存在がとっても大切なものになっていたことが語られるシーンは、もうとにかく感動的でした。
    「悪霊」と言われていた彼女が、人間に戻っていく。そして最後の時までユルールとシュトヘルがお互いのことを想い合う絆が、とてもステキ過ぎた!

    正直、現代の須藤を入れる意味があるのかどうか不思議なところだったんだけど(すでにシュトヘルとユルールの二人だけで十分いい話)、実はこの3巻までが壮大なプロローグだったんですね…。
    シュトヘルの記憶は持っていて、シュトヘルの身体に意識を宿しているものの、シュトヘルではない須藤との旅が、本編になるのかな。
    ああ、またこれはこれで面白そうな展開。
    できれば須藤は女の子だったら、個人的には良かったけど…(笑)

  • スドーにあまり魅力を感じないぞ!

  • 過去の事件が現代にどう絡んでくるのか、悪霊の物語が終わり現代に戻り、また過去へと戻る。未だどこに向かっているのか分からないからこそ面白い。名作になるかも…

  • これでオープニングに繋がった!
    続きが楽しみ。

    話が壮大すぎるので、伊藤先生、広げた大風呂敷をちゃんと畳めればいいのだけど…
    いや、心配なんて無用だよね。

  • ようやく

    冒頭に繋がった

    なんかえらく長く感じたよ

  • 現実的な力(武力)がないと何を発言しても「きれいごと」にされてしまうというのは、どの世界でも変わらないのだなと感じる。リアリストと理想家って事なんだけど。双方いないと世界ってつまんないものになるんじゃないか。ハルバル兄ちゃんは弟に気持ち的に色々託しているんだね、意外と。(父ちゃんとはまったく違う方向で)周囲にがっかりされつつ生きるってなんか凄く解るなぁ。スドー!気にするな!(中身が誰だろうと居るか居ないかの差はデカイよ!)

  • ようやく一通りの説明が終わり、ここからだと思います。
    こっからどう面白くなっていくのか?
    楽しみです。

  • ハラバル格好いい。漢だなぁ。

  • これからやっと本編が始まる。
    いままでの分でも大分おもしろかったんだけど。

  • やっと3巻で過去編が終わった。か。
    シリアスなので須藤のゆるさに癒される。
    ユルールもハルバラも、意志の強そうなところはやっぱり兄弟なんだなーと感じた。
    あとえび。

  • シュトヘル化しても須藤が須藤然としていたのが逆に目新しかった。あのとき確かにシュトヘルは死んだのだな。と。

    なくなったもののために戦うことは得てして無駄だと言われがちだけど、やっぱり遺伝子を負うものとして潜在意識下には今在るものを優先してしまう本能があって、だからこそシュトヘルよりハラバルの方が眩しく見えるんだ。と友人に言ったら、「そこから余計なレトリックを引いたら"ハラバルかっけえ"でしょ」とごく冷静に返され思わず即答で頷いてしまった。うん、まあそりゃあね、お兄ちゃんが出てくるたびに一度本を閉じて嘆息してしまうぐらいには好きです よ。

全33件中 1 - 25件を表示

シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)はこんなマンガです

シュトヘル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする