ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)

  • 42人登録
  • 3.58評価
    • (5)
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 小学館 (2010年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091835222

ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 面白かったからこそ、終わりが呆気なかった。
    打ち切りなら仕方がないけど、元々この短さで考えていたのであれば少し残念。

    どちらにしろ、話自体は面白かったのと、キレイな終わり方ではあったので☆4つ。
    もっと読みたかったな~

  • 少し無理矢理なところもあったけど、冤罪事件が無事解決。
    人が人を裁くというのは難しいですね。
    正しい判断を下そうとしても、証拠隠蔽あり、偽証あり、自白強要ありと判断材料自体が信用できないことがあるし、司法のプロに意見を誘導されている可能性もある。
    ハイドもトントンもいないから、推理小説のように真相が解明されることはありません。
    『皆で議論して真実を作りあげるしかない』そうかもしれないけど、真実を捏造して冤罪に加担してしまうのが怖いのです。

  • 設定を生かしきれずに終わったというか、間延びする場面が多く、爽快感も少ない。裁判員制度に対してきちんと問題提起できているかというとそれも疑問。

  • 主人公に特殊な能力が備わっている、と言う出だしから予想してた結末に沿ったようなオチで、拍子抜けするやら半笑いになるやら。

    打ち切りだったのかなぁ?


    題材としては好きだし面白かったから、ただの打々発止の心理戦漫画として読みたかったかも。

  • タイトルから破滅的な終わり方を想定していましたが、打ち切り気味にあっさり終わってしまいました。
    そのためか、裁判員啓蒙漫画のようなまとめかたになっていますが、そのことで、後半の逆転裁判みたいな展開が浮いてしまった感じです。

  • ハイドにベルマ場にとこれから正体が明かされていくのかと思ったらあっさりと完結。裁判者のマンガでは最近私の一押しのマンガだっただけに残念です。綺麗な終わり方をしたので、打ち切りには見えなかったけどなぁ…全五巻完結で短いので、読んでいない人にはお奨めですね。

全7件中 1 - 7件を表示

森田崇の作品一覧

森田崇の作品ランキング・新刊情報

ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ジキルとハイドと裁判員 5 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする