あずみ (5) (ビッグコミックス)

  • 76人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小山ゆう
  • 小学館 (1996年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091835451

あずみ (5) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 連載期間14年にも及んだ小山先生の大作。物語をどう終わらせるのかずっと気がかりだったけれども、第1部を終え、舞台を幕末に代えてしまったのに震えた。個人的には静音・忠音が出てくる雪国編あたりまでが何度も読み返したのでよく覚えている。登場してすぐ自爆した飛猿が、その後こんなに主要人物になるとは思わなかった。

    それにしても、小山先生の描く人物は、悪人と善人の顔の描きかたの違いが凄まじい(意識的にそうしている、と「お~い竜馬!」連載後の武田鉄矢との対談で言っていた)。

  • あずみを救うべく、大坂城に潜入したうきはだが、罠にはまり捕まってしまう。豊臣方の思惑により、あずみとうきはで殺し合いをして勝ったほうが生き残れることに。果たしてあずみたちは、お互いを斬ることができるのか。

    見どころはやはり大坂城脱出編ですが、巻の後半に登場する最上美女丸の鬼畜ぶりには震えるばかりです。この人、いつか斬られるのかな…。。。

  • うきはのシーンには泣かされました ずっとあずみの傍に居て欲しかったです…

全3件中 1 - 3件を表示

あずみ (5) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

あずみ (5) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あずみ (5) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あずみ (5) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

あずみ (5) (ビッグコミックス)のKindle版

あずみ (5) (ビッグコミックス)のコミック

あずみ (5) (ビッグコミックス)の文庫

ツイートする