Monster (10) (ビッグコミックス)

  • 981人登録
  • 3.64評価
    • (93)
    • (56)
    • (219)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091836601

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Monster (10) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼第1話/グリマー▼第2話/ピクニック▼第3話/511の亡霊▼第4話/新たなる実験▼第5話/鍵▼第6話/超人シュタイナーの冒険▼第7話/スーク刑事▼第8話/極秘調査▼第9話/大切な物●登場人物/天馬賢三(元・脳神経外科医。無実の罪に追われながら“ヨハン”を追う)、ヨハン・リーベルト(テンマが命を助けた双子の兄。現在はシューバルト氏の秘書を務める)、二ナ・フォルトナー(“ヨハン”の双子の妹で、兄を抹殺しようとしている)、ルンゲ警部(ドイツ連邦捜査局の警部。テンマとヨハンは同一人物だと思っている)●あらすじ/ジャーナリストのグリマーは、旧東ドイツの孤児院で行なわれた児童虐待について調べていた。その調査のため、彼はチェコのプラハに向かうが…。(第1話)▼プラハ行きの列車の中でグリマーは、ある男に出会う。その男とはテンマであった。テンマは、ヨハンのルーツを求め、プラハに向かっていたのだ。しかし、国境警察に偽造パスポートと気づかれてしまう…。(第2話)●本巻の特徴/旧東ドイツの孤児院の元院長に接触したグリマーだが、院長は若い女に殺されてしまう。院長が死の間際に遺した言葉を唯一聞いた彼のまわりでは、不可解な殺人事件が次々と起こる…。●その他の登場人物/ヤン・スーク(プラハ署の新米刑事)、ゼーマン警部(収賄警官)

  • 舞台はプラハに。秘密警察は怖いね。。

  • 舞台はプラハに場所を移し、ジャーナリストのグリマーと若き刑事スークを中心に話が進んでいく。

  • 必ず助けてくれる秘密の友達
    気がついてないんだ、その秘密の友達が自分自身だってこと

  • 元東ドイツのスパイだった、グリマー。
    511キンダーハイムの研究者を追っている。
    警察内部の堕落。

  • 痛い痛い痛い痛い!!

  • 何が偽りで、何が真実か。
    ヨハンが残した波紋は至る所で、見当たってしまう。


    :)

  • テンマとグリマーとの出会い。
    グリマーはいつもニコニコしているけど、本当の笑い方は知らない。
     
    でも彼は、超人シュタイナー!
    ヨハンと同じ?

  • 断捨離、2013春。

  • 【資料ID】90787
    【分類】726.1/U84/10

全18件中 1 - 10件を表示

Monster (10) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Monster (10) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする